admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた日が空いてしまいました。
まあ、プライベートで鬱陶しいと中々ブログまで手が回らなくて←ええ、FBとツイッターに比重が移ってますとも( ̄  ̄)実際、なんだかちょい仕事に絡むFB書いてるとそれでエネルギー終了、なんとか星へ帰らないといけないウルトラマンみたいなアタシです。

今回は桜に因んだ「え゛( ̄♢ ̄;)」ってなお話を。


実はですね、アタシは最近中々いい感じ♪っつー近道を発見しました。
犬の散歩の時に偶然見つけたんですね。

そこにまつわるう〜むな話しです、ビビること必至???

IMG_5756.jpg
桜の樹の下には屍体が埋まっている! これは信じていいことなんだよ。何故(なぜ)って、桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか。



スポンサーサイト

日本に戻ってからちょっとやる気なし状態でした。

書きたいことはあったんだけど、書く気になれなかったというのが正直なところ。ブログって頻繁に書いてる時は書かないと落ち着かないけど、書かなくなると俄然やる気失せるのね←当たり前?(- -)

と言う訳で...


戻ってから上階のマダムと二度熱海でランチしまして、ですね。

色々と考えさせられました。


IMG_5704.jpg
IMG_5706.jpg
これね、本当に☆4つのイタリアンなの。でもね〜ピザじゃないでしょ、パイ生地じゃ。そしてスパゲティは塩がきついし...結構混んでたけど、もうリピはしないわね、とはアタシ達の感想。高いと思うしね〜( ̄  ̄)

ス○スは結婚するのに新聞にも出るし市役所の掲示板に広報したりもするしでとっても時間がかかるんだけど←重婚防止のためとか聞いた気がする...離婚も然りだと分かりました。

こちらは離婚条件に対しての不服申し立て期間っつーのがあるんだって知った次第。おまけに離婚に際して二人で裁判官の説明を聞いた後に一人ずつ話す訳です。アタシなんか離婚の理由を聞かれた。後は主にお金関係。で、15分は話したんだけど配偶者は何を聞かれたのか言わないけど5分も話してないという。


しかしな・・・( ̄  ̄;)


まだまだ色々事務手続きがあって、日本へ帰ってしまってる身としては、もう単にサインするだけのために来たくないんで、息子に代理を頼むことになるけど、なんて面倒なのさ(- -;)


アタシってばス○スで離婚のアドバイザーになれるんじゃない?

もしこのブログ見てる人で真剣にス○スで離婚考えてる人いたら、格安でアドバイスしようかしら...と、マジで思うよ、なんなんでしょうね、この国の保守性は。そして海外に移住しちゃうと実に面倒なんだとも。それが例えスイス国籍持っていても、ってのがよく分かった。


それからここは特に?名前と生年月日で個人情報の色んなことが丸わかり。この先はZivilstand=社会的位置?に離婚も書き込まれるってことで、日本もそういうの書く欄あったっけ??


この国の個人情報管理は日本と比べて細かい気がする。

既婚、未婚は分かるけど離婚も???
それを言ったらゲイカップルは一生未婚で離婚はないし、あ!だから同性婚が認められるの早かったのか??リベラルじゃなく不公平という観点??(オイ


まあね、でも人生の大切なことなんだからってことにしておくか(爆w

IMG_5306.jpg


これが一番の理由だなって思ったことに遭遇したのだけど、それは配偶者の説明がアタシが聞いたり、読んだりしたことと違うということ。それはなんだろう??まさか母語なのに理解出来ないとも思えない。分からないなら聞けば?って言えば怒りをかうだけ、彼の辞書には「人に教えを請う、たずねる」ってないみたいで、絶対に聞かない。まあ、とにかく裁判官の言っていたことと配偶者の説明が違っていたので確認の電話なんかしたんだけど、そしたらやっぱりアタシの方が正しかったという...笑えません、これ。結局翌日アタシが全て問い合わせの電話をあちこちにかけた訳です(- -#) このことに薄々気付いたのはもう20年も前だったけど...その頃に離婚していたらどうなっていたかな〜?って改めて思った長い一日でありました( ̄  ̄)

今回のス○ス滞在は事務的な手続きのために来てる訳で、まああまり面白い滞在じゃないのは事実。でも、もっと愕然としたのは、自分がこの先ここに住むことはない(多分)となったら、なんていうか心のバリア、結界が無効になりもうここには住めないなと醒めた気持で思ったこと。
気候や言葉や食事、特に冬のこの寒くて暗いお天気、それから命令されてる様に聞こえるス○スドイツ語、この三つは特に(- -;)


着いた日に列車の事故で空港駅がハチャメチャだったってのもあるけど、いや〜、なんていうか...何でもかんでも枕詞の様に「申し訳ありません」連発の日本もどうかと思うけど。


乗客の質問に「知りませんよ、そんなこと(-"-)」と怒鳴る様にいう駅員もどうかと。だってアタシの聞いたことは「すみません、遅れてるのか発車時刻が合ってないんですけど次のチューリッヒ行きは何番ホームで何時でしょうか?」だよ。


それも最上級の丁寧語で聞いたのに。
ええ、凹みましたとも...アタシ怒鳴られる様なこと聞いた?ってちょっと辛かった。それまで何度もホームと地上を行き来させられたのだって駅員の多分あっち的ないい加減な返事に従ったからなのに。


で、思ったの。

ス○スドイツ語ってあのマイ....レディみたいだなって。


もちろんス○ス人の話すドイツ語が彼女の話す英語ですね。
それを聞いて顔をしかめるのがドイツ人やガイジンでドイツ語を習った人。あの話しでは、上流階級の話すきれいな英語に直すってのがサブストーリーで、メインはイライザとヒギンズ教授のラブストーリー。

でも、どんなに磨けば光る美人でも、言葉が下品じゃ・・・( ̄  ̄;)ってことでしょ?それ、まんまス○ス人に当てはまるなと。もちろん下品なドイツ語じゃないけど洗練されてないのは確か。
だからス○ス人、標準ドイツ語よりも英語話したがるのかしら?やっぱコンプレックスじゃん(爆w

日本でも関西弁ですらアナウンサーや俳優は直されるじゃない。


だけど、ス○スではそれは殆どない。

聞くに耐えないと思ってるのはドイツ人くらいだから?
もちろん自国の母語だしプライドあるよね。
でも、ガイジンには本当に理解出来ないのよ、地域によってかなり違うから、ガイジンがそれぞれ全てのス○スドイツ語を理解するのは至難の業。

それだけじゃ、読み書きは出来ないからコミュニティにはとけ込めても一人前の大人の社会人として見てもらえないわけで。

そんなことを考えてて思ったのは、きっとこのヘプバーンの出世作はス○スじゃあまり快く受け入れられないんじゃない?ってこと。

あ、もしかしたら彼らはそんなこと思わないのかもな。

そんな風にス○スドイツ語とイライザの下品な英語を重ねないのかもね、っていうか重ねないだろうねぇ...そこがな〜KY?(コラッ


もしかしたら、オードリーのこの映画ス○スではそんなに人気ないかもねと思ったんでした・・・( ̄  ̄;)


でもオードリー、晩年はス○スだったのよねぇ、仏語圏だけど(オイ


コミュニケーションはやっぱり始めに言葉ありき。


ス○スに住むにはス○スドイツ語、ダウングレードしてもってことなのね(- -)

21943view009.jpg


この映画の中でイライザが笑顔でにこやかに外国人に英語で相手に悪口いう様なシーンがあったと思うけど...どんなに悪口雑言でも嬉しそうに幸せそうに言えば相手には伝わらないんだなって、大昔見た時に思って、それが未だにこうして蘇るシーンの一つなアタシ。もし、この映画をス○ス人と一緒に見て、イライザってス○ス人のス○スドイツ語でヒギンズ教授がドイツ語矯正してるって見方もできるね〜なんて感想を言おうもんなら...そのス○ス人友達なくしますね、ええ( ̄  ̄)はぁ??ガイジンのアンタに何が分かるの?って100%反論されるであろう(爆w

友達がFBにアップしていたこれ↓

目は口ほどにものはいわない

読んでね、本当にそうだなって思えたのでここでも。

この記事にある、目で伝わったのは怒りってのね、ものすごくよく分かる。だって、12月にも思ったけど、ス○ス人年配(50代以降かな)の人の表情が怖いこと。

これは口元のへの字と後目つきかなと。

記事にもある様に愛情は目では伝わらない、けど怒りは伝わる、それも80%って...すごくない?そう言えば目が笑ってない、なんて表現もあったっけね。

愛していなくても口先だけで「愛してる〜♡」って言えば騙せちゃうってことね。アジア某国の女性が優しいのはビジネスだからとは友達の言。そうかも(- -;)


とにかく。


今回この目は口程に物を言わないってのは、改めてその通り!!って思った。
だって...最後だから家族で食事したいって二度もメールしたのになんのレスもなく、仕方ないから息子宅でご飯食べるかと。じゃあ、私が作るかと。

で、ギリギリ土曜に電話したらば...


義母も呼んでレストランで12時って言うじゃないさ。
は??何それ??聞いてませんが??
何も言って来ないから予定も立てられずじゃん、自分だけで完結とはねぇ。
それならそうと一言メール書けよ、オイって思うアタシはダメなツマ?

「日曜にレストランで食事はO.K.義母も呼ぶ。」って書けないの?

結局なんの返事もなく仕方ないから苦肉の策でここ、息子宅で手料理ってなったのに...義母が来るとはね。彼女はアタシの中では家族じゃないんだけどな。血縁とその配偶者にしたかったのに。

ってことで、最後だけはいい嫁やめてアタシと息子達の好きなもの作るぞ。
義母は配偶者の母だからね、偏食半端ない(- -;)でも、明日はそんな気遣いはしないの、アボカドや野菜やエビやイカ使うのだ...煮た野菜も出す。


せっかくの楽しみが...苦行だわ( ̄  ̄)


結局こういうことなんだね、離婚の原因。配偶者は目は口程に物を言うって思ってるんだろう。ツマならメールで返事書かなくても分かるだろう?分からないなんてツマ失格だろ、ってことなのかも。そんなもん、言わなきゃ分からんわ(- -#)30年間言い続けたのに最後がこれって...脱力しました、マジで(ノ_-;) 



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2013 a Passing Fancy, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。