admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の土曜の夜にお出かけ♪

ご近所の若いお友達@大阪出身の同胞を強引に映画に誘って
見てきました、一応話題の映画です。


「天○と悪魔」


さ~て、なんて言ったらいいもんか.....
ミーハーでウソのつけないアタシ←(オイ、正直に言えばですね、
映画はやっぱダイジェストなのね(-_-;)....なんでした。


以下、ネタばれなんてもんじゃないんで、映画または本を
これから見ましょう~♪読みましょう~♪って方はここまでね。

ドイツ語はILLUMINATIIlluminati.jpgANGELS&DAMONS

ええ、実は一番映像化されたらどうなるんだろ?と期待していた
最後のシーン、それがカット。ないんですよ、( ̄Д ̄;;


本当にラストのハラハラドキドキのところなんですよ。
で、ハラハラドキドキしつつ見ていた.....見ていたが。

あ?これでどうやって間に合うのだろ?もうヘリは垂直上昇してるぞ。
ちょっと、まだ外に出てないじゃん、ラングドン←呼び捨てw


と、見ていたら、空高く飛んで行くヘリを地上で見送るんですよ。


ここで、思わず「あ~(゚◇゚;)???」と声が出てしまったよ_| ̄|○
友達も、「あっ、なんですかこの展開~( ̄△ ̄lll」なんて呟いていたし~、も~何さ、ったく(-"-)

後はね、おそらくこの話の一番のテーマである神と科学っていうのが
思いっきりスルー、軽く描かれ過ぎだわよ~(-_-;)
まあ、それなくてもね、そら話しは成り立つ、けどさ、けどね.....


そうすると、ユアン・マクレガーはただの殺人狂だろ?
セルンが開発した半物質が気に食わん、ってだけって...
それはあんまりじゃないのさ。


動機は?本にあった動機は?
教皇が科学にシンパシー、理解があるその辺もっと描いてよ。


そして最後に、自責の念..で自殺とその理由、これなしですか?
実は本を読みながら、きっとこれはまたバチカンからクレーム出まくるな、とは思った、思ったけどもあのチェーザレ・ボルジアだって、教皇がパパだろ~に、何を今さらでしょーが、は、通じないのね(-_-;)タブー二つは多過ぎ?←焼身自殺のことですが。


アタシは、本の中の、最後にベランダの遺灰を集めて、教皇の
棺にそっと入れるシーンが結構ジーンと来たのに、それなし。
キリスト教的じゃないと思うけど、だからって、バチカンに遠慮したのかしら、ロケした訳でもないのに。

そもそも、本ではその遺灰を集めた人は教皇になったというに、
映画では教皇にならずカメルレンゴだなんて~。
セリフだけ取ってつけた様に原作と同じでもイカンよ。

もう一つ個人的にがっくり~((○| ̄|_だったのがですね、
セルン所有のマッハ15で飛ぶ乗り物。
本読んだ時に、アタシはこれが浮かびまして.....

ええ、これは一緒に行った友達に笑われましたとも。

すんごく見たかったの~(´・ω・`)流星号

だって実際のセルンにはもちろんそんなもんはないからさ、映像化は
どうなのかしら~♪と楽しみにしてたんだわね。

数学も算数も理数系はからきしダメだったけども、そっち方面を目指した身の程知らずな小学生だったアタシ...←大志というか無謀というか(爆w
今でも、チンプンカンプンだけども、その手の本を読むのは好きです。

この間こんなサイトも発見~ヽ(゚∀゚)ノ

もちろん全部読みました、本を思い出しながら~w
こういうチェックするのが好きなのよ♪←ここらでA型、と思う本人w


そうそうもう一つ。
あのアンビグラムはどうして、あんなへんてこなカギの絵なんだか?
バチカンから使うなと言われた??っていうか、アンビグラムは昔の
物じゃないみたいだし...どうして、変わっていたのかしら。


その他、個人的なイメージとしてですが。
バチカンの警備兵は○イ○人、でね結構活躍するというか途中までは活躍?(ン?するのが(本、映画共に)オリベッテイって人なんだけども.....

全然イメージが違った、っていうか違い過ぎ、あんなラテンの熊みたく
男子じゃないよ、彼みたいな風貌の○イ○人いなくはないけど、ねぇ?
でもってもっと若い男を想像していたアタシ達←ええ、彼女もです(-"-)

そんなわけで、文句タラタラです、アタシ。

でもね、これは原作があるんだと思って見ちゃダメなのよ。

あれはあれ、これはこれ、と別モノと思ってみればですね、
まあよくできている....かなぁ?う~む...(-"-)


そ~だわね、やっぱり先に読んではダメかも。


本は本として楽しみましょう、ってことかしらね~・・・・・・・( ̄  ̄)


なんか、いいことがちっとも書けなかった、なんてネガティブなんでしょう。これから見ようって人の意を殺ぐようなことばっか書いてしまったけど...でも、本当に天地創造とか神の領域それに反する?科学というね、そういうテーマのはずのこの原作、映画には殆ど反映されてません、そこんとこ。あれだけのことを起こすには、単にセルが作った反物質に対する反感だけじゃなぁ(・_・;) なので、やっぱり面白いとは言えないアタシです..(-゛-;)

一つ笑えたのは、バチカン警備の○イ○人達(全員そう??)、○イ○ドイツ語話してて、そこで笑いが起こった、でもまあそれは○イ○だけの現象←当たり前、誰が分かるのだw っていうか○イ○人のオーディションしたのかしら(マテッ

それと、このセットってば、本当に素晴らしい、まるでロケをしたようです。それだけは見る価値あり~(オイ



関連記事
スポンサーサイト




天使と悪魔・・・
今日見てきました。
原作を読まないで行った私と、原作を読んで行った友達と。。。
友達はMaiさんと同じようなことを言っていましたが、私のほうは意外な結末で結構楽しませてもらいましたし、スイス人兵のスイスドイ語は、日本で聞くと以外や以外~~~懐かしくさえ感じられました(爆笑)
【2009/05/19 20:11】 URL | つる #w0Z5NzB.[ 編集]
つるさんv-111

ウチの息子も読まずに見たんですけども、同じこと言ってました。面白かったって。
読まない方が映画自体は楽しめたかも~(-_-;)

で、あの○イ○ドイツ語が分かるのは、というか気付くのは日本広しといえどもそうそういませんよ(爆w

○イ○人と一緒に笑った自分がなんともはや.....
外で聞くとなつかしいんでしょーねー(⌒▽⌒;)
(アタシも同じ感覚かと..._| ̄|○)
【2009/05/20 04:29】 URL | mai #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 a Passing Fancy, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。