admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アタシの個人の生徒に、とても気のいい、そしてとてもMolligな女性がいましてw
なんていうかな、飲み込みに時間がかかると言うか、この人読んで覚えるタイプというか。


発音に関しては救いようがない常にアタシのチャレンジ精神を刺激してくれるくらい問題あり(爆w
でも、本読むのも映画を見るのも好きで、内容はちゃんと把握できてるの。


往々にしてこういうタイプに世間では、落ちこぼれのレッテルを貼ってしまいがち。
ってことを知ったのは彼女の前の先生が、彼女がJLPT4級受かったのよ~って話をした時の反応で分かった次第。

さてそんな彼女、食べることが大好きで、アタシとは色々と話が弾みますw

その彼女が地元のチョコ専門店を教えてくれました。



本当に小さくて001xx (4)001xx (5)オマケに旧市街じゃない(~_~;)
ここです。←何もないHPってのもなんというか...(-_-;)
話題作りと好奇心とで早速行ってみたアタシ。
実は息子にお土産として持たせようかと、もちろん妹や彼氏や、ちゃんと価値の分かってくれる人用、父にはリンツで十分かと(爆w


彼女が言っていたようにすごく小さなお店なんだけども、店主がちょっとジョニデ似の40代くらいの話し好きな人。何かお勧めはありますか?と聞いたら、ま~次から次へとあれこれとチョコに関するお話が....( ̄Д ̄;


そこのチョコは確かに高い。
どのメーカーもとても小さくて、大きなところでは販売してない、田舎の小さなチョコレート工場←妄想入りまくり(爆wなんじゃないのかしら?なんて。


で、そこにあるのはビターチョコが殆ど。
ベルギーやイタリアのもチラホラ。


板チョコ一枚5~15sfrというお値段、おいそれと何枚も買える値段じゃありませぬ(´・ω・`)

ピンクは彼氏用、ブルーは妹001xx.jpg箱入りはオージーの友達に。


でもね、今まで気にもしていなかったチョコレートの世界に足を踏み入れるとね~これが結構虜になってしまうのよ、やっぱりチョコはエロチックでもあり、大人の食べものなんだわねぇとw
ここのを今回は買ってみました:*:・( ̄∀ ̄)・:*:



でね、サイトを見ると分かるけれども、なんとワインの様にデゴスティーレンなんてあります。

例えば今回アタシが買ったチョコの一つは.....

カカオ豆はTrinitario種であること。これだけが72%配合されて作られていること、エクアドルのカカオ豆である、などなど。

そしてデゴスティーレンは.....
煎焙された濃い香り、エスプレッソやドライフルーツやナッツ、新鮮な香辛料の香りがし、香り高いカカオ豆である、みたいなことが書かれてます。

もう一つは.....

同じく72%の「Sur del Lago」地方で採れたカカオ豆であり、カカオをConche(練る?)時間は48時間。
ベネゼエラの豆でその地域性がこのカカオのアロマであり、チョコレートの特徴を際立たせている、云々。
Conche=コンチェ、フランス語のコンシェ(形が巻貝に似ているので)から来ている言葉。○イ○のルドルフ・リンツが19世紀に発明した機械。チョコレートをさらに滑らかにするための工程でコンチングと言う(英語)。20時間~78時間まで色々。

デゴスティーレンは、コーヒーとプラムのメインの香りの中に、オレンジの花やシナモン、干し葡萄の香りが残り香としてあるのが特徴。
は~翻訳って本当に嫌いだ~(ノT∇T)ノ )))))) なんか日本語としてヘン、不自然、勉強しないとなぁと思う時でっす←思うだけ(爆w

と、まあ色々と種類があるようです・・・・・・・( ̄  ̄)


え~あまり上手く表現できないのだけども、ここで扱ってるチョコを食べて、それからフツーのチョコを食べると違いは一目瞭然.....こちらのチョコはまさに贅沢な大人の嗜好品なんですぅ。
チョコレートって、とってもエロティックな小道具になると思うけど、それはこういうのを指すのね!みたいな。
大人の味覚よ、このチョコと市販のチョコが同じカカオ豆から作られた物とは思えないっす。
町のスーパーで売ってるチョコにはエロスの欠片もないもんねぇ...


生徒が言っていた、ここのチョコを食べると他のチョコが食べられないってのね。


真実であると、よ~~~~く分かりましたとも。
特にビターチョコの好きな人には、も~ね、たまりません.....


あ~なんだか禁断の実に手を出してしまった気分だわ.....(*μ_μ)


彼女曰く、とても高いから大切に食べ、たまに買うだけなの毎日食べられない、だからある意味ダイエットにはなるわねぇ...笑って悪かった((○| ̄|_真実だよ、と今は思うよ...(^人^;) 今年、クリスマス頃にアクセスが55000くらいになりそうだし、クリスマスプレゼント兼でここのチョコをプレゼントにしようかな~と思ったり、思わなかったり、フフフ。2月頃のお土産もこれですね~、そこらのショコラティエより高いかも.....( ̄Д ̄;でも、その価値はあり。あ、板チョコだから持ち運びも楽だし~(ヲイ

関連記事
スポンサーサイト




そ~~~んなに違うのね~、良いチョコは。それでブラウニー作ったら美味しいんだろうか・・・それともチョコとして食べるほうがよいのかしら。カカオはカカオでもいろいろ難しいんだね。それにしてもその生徒さんに教えてもらってよかったね。そういうコアな店って日本だったら結構すぐに有名になったりWebで探せるけれども・・・さすが○イ○。口コミだけでやっていっているのね。
【2009/10/02 15:17】 URL | uta #FvEjKfs.[ 編集]
ジョニデににてる人にすすめられたら
つい財布の紐もゆるみそーだよね。

でもチョコってお高い!!ほんと大人の贅沢な嗜好品
だから、その価値のわかる人にしか
贈りたくないよねぇ。そっちでは食後に
チョコとか食べるんでしょ?
【2009/10/02 15:21】 URL | モニ #rZVnCLd6[ 編集]
utaさんv-111

このチョコはこのまま食べるか、溶かして飲むか、がいいと思うよ。
ほんのちょっとの温度変化で表面の色が白っぽくなるのよ~←ノートPCの熱風で白っぽくなってしまった...(-_-;) 

ホント、このお店はみっけもん、こういうお店って○イ○でも貴重だと思うよ。
このチョコね、本当に美味しいのよ、混ぜものなしって感じです。
潰れないことを祈るのみ.....←口コミだとね、それが心配・・・( ̄  ̄;)
【2009/10/02 23:11】 URL | mai #-[ 編集]
モニさんv-111

イケメンに弱いんですよ~w
そして客商売だから(だし)話し好きみたいで、チョコに関してウンチク聞かされてね、アタシいきなり通の仲間入りしてしまいました....フフフ( ̄▽ ̄*)

でね、最初試食した時にはリンツみたいな市販の方が滑らかで美味しいんじゃ?って思って一応一枚買って帰ったの。お金も持ち合わせが少なかったし(オイ

で、食べて見て、なんていうのかな、違いが分かったんだよね。
ウチにストックしてあるフツーのチョコ食べたら、その差歴然だった...

そこね、ホッとチョコレートも飲めるんだよね。
ビターチョコ好きにはたまりません♪また行かなくちゃ~(*ё_ё*)
【2009/10/03 01:43】 URL | mai #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 a Passing Fancy, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。