admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近○イ○でも本当に色々な和食材が買えるようになりました。


この十数年の間に○イ○へ嫁に来た人は本当に幸せだと思います。


ほぼなんでも買えるようになったんだもん、それも町中のお店やスーパーでね。
何も特別なアジアの食材店へ行く必要もなし、大手スーパーで買えちゃうのよ?

ということで、何が買えるようになったかというと.....




小豆は20年以上前から買えたけど023dd (10)ぜにふ?車麩、ってここで初めてみたよ!

焼き鳥一串1.7sfr@バーゼル駅の510a (10)MIG○OSテイクアウト。美味しかった...



昔からReformhausというBIO関係のものを売っているところでは、小豆も買えたし、味噌があったり梅干しだの蕎麦だのもあったりしました。
豆腐は言うまでもなく、ゴマペースト=練りごまやたまり醤油なんかも置いてあったんです.....


当然だけどそういうセレクトショップ的な感じのお店なんでお値段もいいお値段でして、そういうものを買うのは健康オタクみたいなお金持ちな○イ○人...
アタシは健康なんかどーでもいいしそんな高いもん買いたくないけど食い気に負けたわけです、で図らずも健康的な食材を買うことに(爆w 


当時は今よりも偏食だった配偶者、そんなもの!に大枚はたくツマは贅沢しすぎ、無駄使いも甚だしいと年中口論してました←今もだわね(-_-;)

当時の○イ○の若者は和食なんてぇオサレなものは食わず、肉があれば大ご馳走だったからね。
周りの友達も鮨が旨いとか蕎麦が好きとか皆無だわよ。←一人だけいたっけな。
因みに息子の友達には鮨や蕎麦、餡子の和菓子、焼き魚やSchalentiere(エビ・カニの類)の好きな純○イ○人が一杯います。


にしても、どこの○イ○人が味噌とか塩蔵ワカメとかお買い求めになるんでしょうかね?
味噌って何に使うんだろ....今もって謎、フツーの○イ○人しらんだろーにw


Bioのお店で買った塩蔵ワカメImage047.jpg暴利通り越してますw
2007年に初めて発見、塩蔵ワカメが1kg34.50sfrってのは暴利よね??


最近発見した鮭缶023dd.jpg2X年前はフツーに買えたのに今はこれ。
今この缶は5.6sfrです、昔のものは日本の鮭缶と同じで値段もツナ缶並みでした...

数年前から買えるようになった柿023nn (4)KAKIは渋かった...
富有柿みたいなのは渋くて、彼らはドロドロにして食べるのね、友達が教えてくれたのはその熟したドロドロの柿を冷凍して、少しキルシュなんかたらして食べると美味しいと。
まあね、美味しいと思いましたが、アタシはフツーに皮むいて固い柿を食べたいですぅ。


この手のかぼちゃはかなり前からImage076.jpgマーケットでは出てました。
芋栗南瓜は苦手なんだけども、でも食べたくなる不思議...かぼちゃの煮つけは息子達の大好物w

大根に白菜は嫁に来た頃からあった野菜。
○イ○人は生でサラダ、アタシは鍋やおでん。ある時マーケットのオバちゃんに白菜そんなに買って
一体どうやって食べるの?と...そら生じゃね、ってことで煮て食べると言ったらどん引きされました。

大根も同じく、火を通す食べ方はお気に召さない○イ○人です。
え~とね、ビタミンが壊れてしまうじゃないかとおっしゃる、そのくせカリフラワーとかインゲンやホウレンソウをくたくたに茹でるって謎ですね~。


今も昔も、金に糸目をつけなければ和食をここで作るのも食べに行くのもなんの問題もないのよ。

つまり○イ○はエエとこなんですね、お金がものいう国なんだと改めて思ったアタシです。


色んな統計みると北欧や○イ○はいつも住みやすい国上位の常連。
しかし住みやすい基準ってなんなのさ?
北欧なんて冬暗いだろ~自殺者多いだろ~、北ヨーロッパの人達の顔って一種独特な禁欲的な生真面目な感じしませんか?


間違ってもおちゃらけたぱッぱらパー~な表情の人はいない気がする...←思い切り偏見さw
ジャマイカに住む尊敬する同業者がね、○イ○には住めないって言ってたけどわかるよ(-_-;)
あのレゲエというか南国のゆるさがね、寒さに厳しいヨーロッパじゃあり得んのよ.....


アタシはやっぱり暖かい国で美味しもんを外食し、自堕落に享楽的に自由気ままに生きたいもんだってのが最近の結論かしら...


うん、○イ○エエとことは中々ならないよな。



もちろんどこの国だってお金があった方が楽しいでしょう、東京だってそうよね、でもお金なくても楽しめるし、外食も安い、そして選択肢があるの。ここには選択肢が金持ち向けしかない気がします。お金がないとか言う人だって本当に貧乏じゃないし...そういう人あまりいないし。そして自分も知らず知らずにそういう持てる側の人間になってるのがね、なんかいやだなぁと。だって本当の自分はそんなに立派じゃないんだもん....今年は破産寸前に追い込まれたしさ(爆w 住みやすい国上位ってのはルールにウルサイ、やれ電気つけっぱなしにしておくな、ゴミはああしろ、水はこうしろと締め付けが厳しいような?枠ががっちりとあるから暮らしやすいってことなのかしら...ね?┐( -"-)┌
ヨーロッパの人々、特に北ね、は自然とは克服して調整し可能な限り支配するもの、しかし南の楽園の人には甘んじて受け入れ逆らわないでやり過ごすものってのをなんかで読んだ記憶が...トオイメ。なんかに立ち向かうってのが好きなんじゃないか?って思えるのよねぇ、○イ○+北欧=住みやすい国の方々....
関連記事
スポンサーサイト




ぱっぱらぱ~が基本的に好きなので、やはりエエとこだとは素直に思えません。
南にいたらいたで、「もうちょっとちゃんとせえ!」とは思うので、勝手なんだけど。
うちの街でそんなにイッパイ売ってるかな~。 
BIOの店で小豆さがしたら 「なんですかそれ」とか言われてへこみました。
やっぱ都会(比較で)に住まなければ!

KAKI, 渋かったです。 タンニンを抜くにはアルコールか二酸化炭素と読み
でも面倒なので、加熱しました。 八つ切りくらいにして、お砂糖と水少しいれて。
そしたら食べられました。 なんか悲しいけど。
【2009/11/01 00:40】 URL | M #-[ 編集]
Mさんv-111

南の国では、「あらアタシってちゃんとしてるのね?」と思え←自信が持てる・・・( ̄  ̄;) 、けどここでは「ああ、もっとちゃんとしないと...((○| ̄|_」とプレッシャーがかかる、気がするんですよ。

小豆は嫁に来た頃から買えましたねぇ...どこのBIOってわけでもないけど、大抵の所にはあったから...ここって都会に入るんでしょうかね?信じ難いわ。

あの渋柿w完熟を冷凍しても渋が抜けるみたいです。
最近はパーシモンとか言うんでしたっけ?そればっかりです~。

焼き鳥は何故バーゼルだけなのか???ピリ辛(ピカント)とスィートサワーの2種あったんですよね。冷凍鮨も買えるしw車で15分の魚屋ではハマチやトロ、タイなんてのも刺し身用が買えます、大した進化?なんだろーな・・・・・・・( ̄  ̄)
【2009/11/01 08:38】 URL | mai #-[ 編集]
そちらでは「ハマチ」が買えるんですか?
ひょっとしてMercato(スペル違うかも???)ですか・・・

以前に比べれば本当に色々なものが手に入るようになりましたよね・・・
○イ○人も日本食食べるしねぇ~変われば変わったものです。

渋柿があるんですかぁ~
干し柿にできるので探していたのですが、諦めてバニラ柿というので先日作りましたけど、結構美味しかったです。

焼き鳥・・・
ここにもあるのかしら?
【2009/11/01 18:18】 URL | つる #w0Z5NzB.[ 編集]
ハマチの他、スズキも刺し身用のメルリンとかいう白身の魚も色々と買えます。
値段さえ目をつぶればですが~(~_~;)

ハマチはいつもある訳じゃないけど、最近は割と入荷されてるようですねぇ。

フツーにKAKIとして売ってる日本の富有柿みたいなのは大抵渋いですね~
あれってこちらではドロドロに熟したのをスプーンですくって食べるんだって聞きましたけど...??

焼き鳥ね、一串が1.7sfrなら10本くらい買ってしまいたいw
ど~してここにはないのか??
もしかしてチュー○ッヒならあるんじゃないかしら?
【2009/11/01 23:51】 URL | mai #-[ 編集]
目をつぶらないと購入できないはまちですか・・・(^^;

でも、Gelb Fischだったかしら???あれだとインドのお店に売っているんです。
鰤みたいのです・・・
知っていますか?
真中が18フランで、頭の方と尻尾が15フランだったか???
結構冬場なら買って食べられます。
(夏場はお魚が氷の上には乗っているものの、ちょっとねぇ~~~)
でも、カラフルな南の海のお魚とか蟹とか色々あります。

この焼き鳥、確かTopCCに売っていたような・・・もちろん冷凍ですが・・・

メルカート・・・
結構なお値段ですよね、そして当たり外れがあるからねぇ~~
チューリッヒのMigrosでも最近は結構いい新鮮なお魚が買えるようになりましたからねぇ。
これって、やっぱり、進歩でしょうねぇ~


【2009/11/02 03:10】 URL | つる #w0Z5NzB.[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 a Passing Fancy, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。