admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いや~日本勝ちましたね?!
デンマークって見事に金髪で、そのせいか日本選手がやたら色黒で蛮族みたいでした(コラッ
対抗して金髪の日本選手←彼です、彼、かぶり物に見えちゃって(-_-;)ゴメンねファンの人。


さてそんな世間(○イ○ね)はWM一色の中、お友達とあちこち一部○イ○観光にお付き合いをしておりました。昨日は一日チュー○ッヒで、仙○出身ジモ友も一緒にそぞろ歩き?←3年?前に一度会ってる。
イヤ~このジモ友料理の先生ですけど、こちらでは多いですね、○イ○だからできる日本料理の先生、書道の先生、お花の先生、指圧、マッサージetc○イ○人並みの資格は要らないし、かつエキゾチックなものに弱い○イ○人、皆さん、日本の本当のプロが聞いたらひっくり返る様な高額報酬ゲットしてます。アタシは○イ○人並み(-"-)でも日本人ってだけで個人で日本語教えてる人は、同じくアタシがムカつくお月謝であります。因みにこの料理の先生も頼まれて日本語も教えてたことあり、その時アタシよりも高額の授業料でした・・・( ̄  ̄;)

その彼女と日本からの友達と母上、4人で快晴、夏のチュー○ッヒをブラブラと。



湖一周の船からの眺め021vv (17)大聖堂も見えます~(*^^)


今回、ジモ友に関しては改めて記事アップってことで.....
なんでか、こちらのジモ友は皆声がでかい、アタシもいつも大きいと妹に日本で怒られるけど、今回は妹の言うことが心底分かりましたとも(-_-;)ハイ、今後よ~~~~く気をつけます、今頃だけど妹の気持が分かったよ(爆w人に注意される内が花ってのも今さらだけど思いました...皆さん、アタシ素直に聞きますから注意してね(T_T)←結局は日本語に飢えてるんだとは思うけど。

火曜日、ジモ友と同業者ジモ友とベルンで落ち合いZentrum Paul Kleeへ行ってきました。

Yさんの母上は楽しめたかな?
アタシはそこで今さらながらに、25年くらい前に習っていた水彩画の先生の言っていたことが分かった次第。あの先生、当時40歳くらいで、一応ここLuzernの美術館にも絵があると言うお方。


物凄く若く見えて、こういう○イ○人もいるんだ~(゚◇゚;)!!!と当時はすごく驚いたっけ。
その彼女がいつも言っていたのが.....

芸術とは自分を表現するものだと。
絵は自分の内面を紙の上に表現するんだよ、と。


そんな訳で、物凄く上手なオジサンといつもやりあっていたのよw
彼女曰く、アナタのそれは絵であって絵じゃない、練習すれば誰でも到達できるレベルだと。
そうじゃなくて、この物を見て何を思ったか、そのアナタの感情は?そのエモーションを紙の上に描くのよ!と。


今思うにそのオジサンはそれが理解できなくて、いつも彼女と言いあっていたんだね。


当時のアタシも今一???(・・????でした.....
トウモロコシはトウモロコシにしか見えないし~wトウモロコシから何の感情も揺さぶられん・・・( ̄  ̄;) なんてのが当時の凡人のアタシの思い、でもそれをドイツ語で言えるほどあの頃ドイツ語はできず←今も(爆w


おまけにアタシは絵がうまい訳でもなく(爆w
因みに、父と妹はとても上手で二人とも美術系学校を目指し二浪は許されずそっちへ進むことを断念した経緯の持ち主、アタシはちょっとは絵が上手い程度で美術部にすら所属せず、でも描くのは好き、そんな程度、恐るべしDNA~(オイ


でも絵を描くのは好きだったからドイツ語に慣れるためにもと行ったそのMIG○OSの水彩画教室でその先生に出会った訳ですが...当時はアタシは先生の言ってることがさっぱりでした。


そのオジサンともう一人の絵の上手なオバサンは年中その先生と喧嘩芸術論を戦わせてたんだけどね、今回クレーの若かりし頃の絵を見て、二五年目にして当時のウィトマー先生の言っていたことが分かった次第。


今回の特別展は巨匠ピカソとクレーの関係。
この二人、元々密な付き合いがあった訳でも何でもないんだけども、クレーはピカソを常に意識していたそうで、ま、同時代の二人の巨人ってことですね。

でね、そのため常設のクレーの絵が階下に展示されてまして。


上でアブストラクトな二人の絵を見て、影響を受けてるキュービズムとかね、ピカソ初期の頃とかね、クレーと対比的に展示されてたのよ。


ピカソ初期の具象ももちろんありました。


そのあと、階下のクレーを見て.....十代の頃のクレーの風景画。
それはそれは上手、本当に上手い。


その後、それがただ上手いだけじゃなく、独自の色使いが出始めて、あのクレーの独特の色彩の芽生えが見られるけど絵はまだ非常に具体的に描かれてるわけ。


これを見て、当時のウィトマー先生の言っていたことが本当にね。
「Alles klar!!!」となったアタシでありました。


結局世に絵のうまい人は五万といる訳じゃない。
そこから芸術家として名を成すには、絵が上手い、テクニックだけじゃダメなんだねと。
もちろんそんなこと当然だろ?と思ってる人は多いでしょう、ええアタシは今頃気がつきましたとも(オイ でもね、世間では絵が上手ければそれで良し、ってことでかなり認められちゃう。


ここでお花や、書道を教えてる大部分の日本人も結局この「お上手な人々」なんだなと。


クレーを一緒に見た同業ジモ友がね、ここで有名な書の○○さ○えさんだって、あのレベルは日本には一杯いるわよね、実家の姉の書の先生だってその一人、と。


やっぱり○イ○のザイガイは総じて美味しい思いをしてるんだね~と思った次第であります。チュー○ッヒに一緒に行ったジモ友もこの辺じゃ結構パーティーサービスだの料理教室だの頑張ってますが...

でもね、日本じゃとてもじゃないけどあの値段は取れないでしょう、料理上手な主婦のレベルだなと意地悪なアタシは思う訳ですよ。そもそも料理だって彼女のオリジナルじゃなく、○イ○のレストランの真似アレンジ。


今回、ある本のライターさんにあったりして、日本のプロって本当に努力してるんだなと。
すごく失礼な感想を抱きました.....
それを言ったら日本人、本当に頑張ってるのに報われないことが多いかもと。


だからね、ここのザイガイは日本に帰りたくないんだなって気がつきました。



だってこちらじゃお山の大将だけど、日本へ帰ればただの人、なんだもんね(コラッ


日本からゲストが来ると稲の気分になるアタシですわ。←まだ実ってないから軽いけど(爆w


こういうことを言うと村八分になるの(T_T)で、皆さん仰る「いいのよ、アタシ達はアナタと違って日本に帰る訳じゃないんだし、それはアナタの僻みじゃないの~?」と、特に地元の御大には年中(爆wでもね、それならせめてもう少し謙虚になれば?と思う訳。分相応になればいいじゃんと。日本人が分不相応なブランド物を持つことを、物凄くバカにしてあれこれ言うけど、それと同じなんじゃないですかね?って思うアタシです。アパート住まいでヴィトンやシャネルってみっともないってよくジモ友は言いますけど、フツーの主婦レベルなのに日本の一流プロ以上の報酬を得るのも似たり寄ったりかと(爆w美味しい思いしてるけど実力は伴ってないって分かってればいいんです、でもね、みんな高額報酬貰うと勘違いしちゃうんだろうねぇ....

関連記事
スポンサーサイト




このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/06/26 16:08】 | #[ 編集]
カギコメさんv-111

多分この記事が「バッサリ」と切り捨ててるんだという自覚の無さがある種ジモ友にチクチクと言われる原因なんでしょう。
でも、ズケズケ言うという点ではアタシは大人しいと思うんですけど...←だからこれが問題?w

まあ、ベルンの友達なんかは、アタシに近いんでいつも盛り上がりますけど。
でもここでちやほやされて、高額報酬貰って、日本の社会に入っても自分はスゴイって思ってる人が大多数ってのは本当というか、日本の時給は安過ぎてバカバカしいなんて言いますもん、皆さんw
でもね、大企業のトップの高額報酬を批判するなら、自分の時給も振り返ってみては?と思うんですけどね。
果たしてそれは見合ってるのか?
それを言ったら....くわばらくわばら~(爆w

日本は梅雨でも雨でも今12℃ってあり得ないから大丈夫、梅雨ですらうれしいかも←今だけでしょうがw
【2010/06/26 18:15】 URL | mai #YTIpxIas[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/06/27 01:04】 | #[ 編集]
カギコメさんv-111

こちらも負けじと今日も来週も28℃前後らしいですよ。
ジメジメではなく刺す様な紫外線と日射しです。
これがいつまで続くのかは不明ですけども.....
30℃、ジメジメ、まあいつも忘れてますからw

でも、雨でも暖かいっていうのは不思議な感覚です。
だってここ28℃でも雨が降れば一気に15℃とかですから....雨で20℃以上はあり得ないと言ってもいいかも・・・( ̄  ̄;)
【2010/06/27 05:37】 URL | mai #YTIpxIas[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 a Passing Fancy, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。