admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は国際暴力謀略小説など、と思ってましたが...


昨日婦人科検診に行きまして、う~んとなったので(-_-;)


皆さんは←ここに来てくれてるのはほぼ女子、女友達なので皆さんwちゃんとマジメに検診に行ってますか?そうね、年一という単位で。
数少ない男友達、今回は赤裸々な婦人科検診のお話です、赤面しないでね(*v_v*)(オイ


アタシは昔から婦人科系のトラブルが多いので20代から行ってますとも。


Nachtkerzenのオイル245px-Illustration_Oenothera_biennis0.jpg日本では月見草オイル



画像のWikiドイツ語本当はマツヨイ草

効能:日本語これね、今回、今までの植物性女性ホルモン剤シミフェ○ンにプラスで貰ってきたのね。


でも実は結婚して初めて行きました、婦人科。
日本では生理痛がひどかろうが貧血だろうが婦人科なんぞに行きません。
あ、最近の若い女子は知りませんよ、ピル貰いに行ったりしてるかも。


元々女の子の日は寝込んだりするほどじゃなかったんだけどね、こちらへ嫁に来てど~にも辛くて...でも花も恥じらう乙女(爆wだったんで女医さんを探して行きました。
当時は二人しかいなくて、その内の一人は半年以上待ち←よくあるパターン、もし重病なら死ぬしかない○イ○です(-_-;)


仕方なく(コラッ1ヶ月後に予約の取れた女医さんに行きました....


オジイサン??かと思ったわよ、って女医さんでした(゚◇゚;)!!!声とヒゲが..(-_-;)



その時にね、無排卵だの子宮が威張って後ろに反ってるだの言われて、子供が自然に出来たらラッキー、一年様子見とか言われたんですけど、結構早く妊娠、それも双子。


まあ、ある意味良かったよ、多分神様はお見通し~な双子ですね。


さて、出産は別の先生にかかりました、だってオジイサンオバアサン先生引退しちゃったから...その時に紹介してくれた新人の先生にかかったんですね。

新規にプラクシス(診療所?)を開いた先生なんで、最新機器、先のオジ、じゃない女医さんとは天と地の差。まお陰で27年も前だけど超音波もガンガンと使ってそれは良かったかも。
先生もダンディで渋いジョージ―・クルーニー、入院中の朝の検診の時にはトワレぷんぷんwっていうお方でした、トワレは確かベチバー←鼻の利くアタシです(-_-;)


その後、しばらくその先生でしたが、ここも女医さんが増え、良さそうな女医さんを見つけましてそこに変えました...だって生理痛のこと訴えたら手術して子宮摘出と言う手もあるなんて言われたら、引くでしょ~。


そしてその女医さんは非常に良い先生でしたが...
良い先生過ぎてバーンアウト??かなり早く退職しちゃった(; ̄Д ̄)


ってことで、その後を引き継いだのが今のアタシの先生。
当時見た目30代前半??って感じでした...でも若いしきっとアタシが70になっても診て貰えるだろ~と腹を括ってその若い男の先生にかかることに。←絶不調だったし(爆w


この頃から、アタシはストレスでホルモンバランスが崩れて、婦人科系の病気によくなってまして。そうね、引退した女医さんの時に2回子宮感染症になりました。


先生曰く、ストレスでホルモンバランスが崩れると自浄作用が低下してなるのよと。
その頃は仕事はまだだったのに...でも、異文化で異言語で生活するのって想像以上に体にも心にも負担なんだと、パートナーの理解がないと到底無理なんて、本当に良い先生だったなぁ..( ̄▽ ̄*)(オイ

でも、本当にそう思うアタシです。
彼女自身、フランス語圏で医師をしていただけにその辺はね、国内でもリュシュティの溝のある○イ○だから、アタシ達アジア文化圏の辛さは良く分かると言ってました。特にパートナーがアナタの母語を話さないのは無理解の一つ、なんてことも。
○イ○男も、特に中央○イ○はAndrozentrisms←合ってるのか?だからね~みたいなこともいってくれて本当に良い先生だったのに...


え~と本題からずれてしまいました・・・( ̄  ̄;)


今の先生の話し、若い(今40代前半)ややイケメンの先生なんだけど。
こちらはカーテンもなく、先生と二人きりで、もちろん下すっぽんぽんで、画面を見ながらこれが卵巣、これが子宮、閉経期の大きさは○○cm、あ~正常ですね~、卵巣まだ時々機能してますね、左はもう機能停止だね、なんつー会話です。

頚ガンと体ガンの検診もします、所見の顕微鏡検査もします。

この内診はあまり好きじゃないっつーか好きな人はいないであろう(-_-;)
内心も二種あるんだけど、この時にもS○Xする時痛みはないかって...中です、ええ。

で、その後今度は乳がん検診、触診に超音波、今年は2年に一度のマンモもしろと言われ、先生が申し込みをしてくれて2ヶ月後にマンモを州立病院でいたします←これもね、早くて2ヶ月っす。もしもガンがあったらどうなんだ??初期なら自力で治せ?


その後ね、あれこれと更年期障害は出てませんか、ってお話。
アタシはあまりないんだけども睡眠障害があるんです、でもこれだって冬になると出てくることが多いからどうなんでしょうか?と一応そう申告。暗いし寒いからだとも思うのよねぇ。
のぼせとか顔の火照りとかはあんまりないのよ。で、あまりないで~す、極たまにだけと報告w


その後ね、いつもあるのが...更年期のS○Xのレクチャーでねぇ(-_-;)


やっと本題・・・・・・・( ̄  ̄)

どうなんでしょう、こちらで婦人科検診に行ってる更年期世代(オイ
そういう話し出ますか?
アタシはここ数年、え~と正確には2003年に子宮体ガンの検査の日帰り手術をした時以来、毎回テーマです・・・( ̄  ̄;)
アタシの先生はドイツ人でして、ガン検診に非常に気を使い、怪しいとすぐに検査、マンモとか、胃カメラ、大腸内視鏡、とにかくすぐに精密検査スイス版を勧めます、非常に珍しいかと。体ガン検査手術の時も、多分○イ○人医師ならしばらく放っておかれたと思うわ。で、多分何もしなかったろうな。


そもそも、2000年=2005年頃にトラブルが相次ぎ←ストレスマックス??半年とか3ヶ月とかに一度検査や治療にに行ってましたからねぇ...
2005年に熱海にマンション買って少しストレスが減りました...っていうか精神安定剤になったのは確か。


その頃に先生がどう思ったのか知る由もなしだけどさ。
先生はアタシの○生活の所為かも??と思ったのかどうか...
その辺のことを聞かれて、適当に彼氏を思い浮かべて答えてたんですけど。それがいけなかったのかしら、でもなぁ(コラッ

あるいは先生のポリシーなのか?

毎回アドバイスなどされても...今回はね、ジェルを使いなさいと(爆w
銘柄まで教えて頂きました、ええ、Apothekeで買えるからと( ̄▽ ̄;)7.8sfrであるとw
使い方までっすよ???いや~ちゃんと彼氏に言うべきかしら、これ...いたす前に先端につけるといいですよ、だって(爆w


もしも、もしもマジメにS○Xのこと相談したら...きっと親身に答えてくれるのか??


いや~しかしなぁ、どうなんでしょうか。
日本では婦人科の先生、そういうアドバイスするのかなぁ。


聞かれなくても(爆w



後ね、尿漏れの話しも出ました、あれって見たら(オイ 分かるんだねぇ(゚◇゚)~ 一応聞かれて、そんなに困っていないと答えたら、「あ~ホントだね、まだ大丈夫、なんとか←聞き取れず、がほぼ正常の位置だからね。」って言われたよ~(; ̄Д ̄) 内診中の出来事でありました...この先生になったばかりの頃、立て続けに感染症になりまして...それはS○Xして移るとは言え普通は症状が出ないんだそう、でも一年に2度かかりまして(~_~;)パートナーも飲んだ方がいいと薬を貰いました。男性が主に持ってる細菌?一応彼氏にあげたアタシ(マテッ で、先生の見立ては、ストレスで免疫力がかなり低下してるから一度検査したらどうか、でした。言われてみればその頃って仕事のストレスがマックスでした、そこに息子達の進学が重なり、配偶者も女友達と(男女4人)でお泊りおフランス旅行...←アタシがキレて大爆発した時、その2(-"-) この時に本当に思ったよね、体は正直、ガンにならないにはストレス溜めないこと、っていうかストレスのかかる生活してると人は長生きできないもんだよな、って...←自由奔放な父なんて本当に病気知らずだもん、しわ寄せは娘に来てるっつーに(-""-;)

関連記事
スポンサーサイト




このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/09/29 00:12】 | #[ 編集]
カギコメさんv-111

アタシはシミフェミンという植物性のエストロゲン?みたいなのを2003年に内膜再生しないようにしてから飲んでるんですよ。
今回のこのオイルは、これに併用。
前回はrotklee(赤ツメクサ?)を併用、あまり効き目がなくて、今回はこれかイソフラボンって言われて。

イソフラボンは大豆アレルギーなのでパス。
残ったのがこのNachtkerzen、月見草オイル。
効果のほどはまた40日後?w

最近は割り切ってますよw医者なんだって←当り前w
背に腹は代えられない.....

本当に熱海に帰る場所を確保するまでの数年って、次から次へと見事に婦人科系の病気になりました。
アタシの場合、婦人科が一番弱い、つまりホルモンだなってことが良く分かった次第。
こっちに来てすぐもホルモンバランス崩して無排卵になったし...

ここはやっぱり第二の故郷にしかならないんですよねぇ。まあ、そうじゃない人もいるみたいだけど。

検査もね、中々してくれませんよね。
医者が判断すること、って意識でしょ。
こちらが例えば胃カメラで検査して下さいって言えないから...その辺がね。

ま、どちらの医療システムも一長一短。
せっかく両方使えるのだから、そこは上手く利用しない手はないですよね(~_~;)
【2010/09/29 16:25】 URL | mai #YTIpxIas[ 編集]
健康だけが取り得ですが、プレ更年期?とも思える症状が気になる今日この頃。どうも私は暑いのに弱いらしく、6月7月がつらかったです。最近はすっかり元気でのどもと過ぎれば。。。っつう感じで、アレルギーや不眠なんかが続いたこともすっかり忘れております。
ストレスがたまりやすいタイプでいらっしゃるのね。
私はどうもその反対みたいで・・・。
お互い微妙なお年頃のようですね。ま、前向きにがんばりましょうや。日本でお会いしましょうね。
【2010/09/30 18:25】 URL | Rottenmeier #U.s4t4DY[ 編集]
日本人は婦人科にあまりいかないよ。
出産の時に、前にいたひとに先生が性生活のアドバイス
みたいのしてて「いやだなあんな歳をとってんのに」と
漠然に思ってたら、今じゃそんな歳になっちまったさ。

ストレスを溜めない生活が一番なんだろうけれど
ストレスって、みんなあるじゃん。
どーすりゃいいんだろうねぇ。
ま、私の場合は飲むけど(笑)
【2010/09/30 23:18】 URL | モニ #rZVnCLd6[ 編集]
Rottenmeierさんv-111

アタシも健康な方だと思うけど、このストレスは無意識のストレスだそうですよ。それを気付かせてくれた女医さんには感謝。
外国に住む=異言語、異文化への適応って自分では平気だと思っていたことだし。
子供のこともそう、進学に対する配偶者との意見の相違とか。
そもそも、結婚生活がストレスなんだって気が付いた(爆w

当時、先生にストレスはないと思う、専業主婦だし...って言ってね、無意識のストレスを指摘されました。

配偶者に主婦なんだから、家事は出来て当たり前って言われ続けて...それもプレッシャーで(-_-;)

無意識のストレス、侮れない┐( -"-)┌ってその時に思いましたよ...
アタシもスカイプあるんで今度お知らせします♪
【2010/10/01 17:42】 URL | mai #YTIpxIas[ 編集]
モニさんv-111

日本って、カーテンだけだからねぇw
それすごくいや、何科の医者でもそういうの多いでしょ。
個室で先生と一対一ってのもなんだけどねぇ....
こっちは看護師さえ診察室に入って来ないのが普通。

性生活アドバイスって聞かなくてもするんだろうか?ww

ストレスはね、分かるストレスだと対処可能だけど=家族の死とか病気、リストラ、事故、破産etc そうじゃない、例えば昇進とか結婚で新しい環境(国際結婚)なんての。そういうのがクセモノだって経験して分かったわ。

当時も今も最大の無意識のストレスが結婚生活だってのも気がついて、顕在化できて少し楽になったかも(オイ
【2010/10/01 17:50】 URL | mai #YTIpxIas[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 a Passing Fancy, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。