admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


色々と○イ○が好きになれなかった理由を模索しているアタシです←言い訳がまい女です(-_-;)自己正当化??く



配偶者との関係から○イ○が受け入れ難くなったのか、○イ○という国が苦手で、だから配偶者ともこじれてしまったのか、鶏と卵みたいなもん←違うだろ~(爆w


まあ、それは置いといて。


この二人の対談のここを読んで腑に落ちたことが一つ。


           413C4GNN32L__SL500_AA300_.jpg



それは、この一人ぼっちの感覚。


アタシは彼の様に絵を描く訳でもなく、哲学者の様に思考するでもなく、たった一人になったからと言って何もしないんだけど、そうなるのが心地いい、というか落ち着く。


う~ん、こころのリハビリとでも言えばいいのかなぁ。
文章力がなくて上手く書けません(-_-;)


それは.....
吉本隆明のこの言葉↓に通ずるんですね、アタシの場合。

 「娘たちに、何かをしてやれたとは思わないけれど、
  女の子というのは、本を読んでても勉強してても、
  親に用事を言いつけられて、
  中断されちゃうようなことが多いんです。
  それだけは、しないようにしましたね」


アタシは、親はどちらかというかこの考えに近くて、何かをしてる時、つまり殆どが勉強か読書なんだけど←子供だったからね(~_~;)は、用事を言いつけられませんでした。


父と祖母が、そういう意味ではややリベラル?


でも、バリバリの保守のここ中央○イ○では、女の子と言うのは、まさに用事を言いつけられるための存在みたいなもんではないのかと..少なくとも義母の育った家はそうだったみたいです。


彼女は成績が優秀だったらしいんだけど、上の学校に行くなんてとんでもない、家事をするのが長女の務め、っていう酪農家の家庭でしたからねぇ。


そんな訳で、今までのアタシも押して知るべし。

アタシが何をしてようと、それはいつでも中断して言いつけられたことをするのが主婦、だった訳です。だからね、この対談の「ひとりぼっち」がものすごくよく分かる。


一人になれるとホッとするもの。
淋しい以前に心が、溶けていくの、お風呂に入った時の緊張がほぐれていく心地よさ、あれです。


もう一つは、これはアタシの感覚なんだけども、○イ○には本当の自然はないんじゃないの?って感じがします。隅々まで手が入れられて、いかに自然に見えるかという創意工夫に満ちてる。


あれよね、いかにナチュラルに見えるかというスッピンメイクが実はしっかり塗ってる、っていうのと同じかと(コラッ 

それが居心地イイ人もいれば、なんとなく落ち着かない人もいる。

アタシは後者ってことなんですね。それだけ。でも合わない(-_-)


日本にいても、大抵は友達と会ってるし、家にいる時はTVも付けてる。
だけど、TVを消して部屋に一人でいると、色々と妄想できるのがね、○イ○での暮らしとの一番の違いかな。ここでは、時間は細切れで、一人で一時間も二時間もぼーっとあれこれと取りとめないことを考えていられない...


そんなに忙しい訳でもないけれど、朝起きてから夜寝るまで、一まとまりのアタシの時間はない。みんな細切れで、間には家事と仕事が入って来る。


このたった一人の感覚.....


孤独でもない、遮断された感覚でもない、だって主導権はこっちにあるのだもの。
これが本当に貴重なんだけどね、分からない人が結構いるんだな。
言わずもがなの配偶者、一人暮らしをしたことがない男って使えないよ、って思うわ(-"-)



そういえば、小学生の時に宇宙にはまりSFを読み漁っていた時に、何年も宇宙船に乗って他の惑星に行くことを想像して、そのシーンとした空間でどうなるかなぁ?なんて思ったっけ、なんてことを思い出しました。
金星探査機のことなんかもあったからね。6年後なんてアッと言う間なのが宇宙。


大好きだった五次元世界の冒険、は今でも書店で買えるのかしら...


最近つくづくと思います、アタシは頑張るとか努力とかダメよね~って。なんつーか、出来るものなら、一人でできる仕事に付きたかったもんだわと。日本語教師は面白いんだけど、なんていうか人とのコミュニケーションが求められる仕事に入るからね、向いてないかも~なんて思うのよね。ついでに、言えば傲慢で何様発言なんだけどさ、頭の悪い人や頑固な人に教えるのはなぁ...自分は屁理屈こねるけど、人にこねられるのは嫌いっつー、あまりに自己中なんだけど、そうなの、アタシって┐( ̄ヘ ̄)┌日本語習いたいなら、字も覚えろよ、って思うんでっす(爆w
関連記事
スポンサーサイト




このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/12 14:08】 | #[ 編集]
カギコメさんv-497

いや~今息子2がそっちに行ってます。
さて、ここは今年は雪が少なく、時々気温もプラスになり、去年よりマシな気もw風邪はひいてるけど(-_-;)

そうね、アタシは誰かに愚痴を言いたいのよ。
で、全く同じ、その時に「そうそう、分かる分かる」なんて感じで同意して欲しい訳。
意見とか、それはこうだとか、うんちく、そういうのはいいのね。
ただ、そうだね~って言って欲しい。

ウチの場合は、配偶者は、必ず意見を言う、それも自分の意見が正しくて、アタシのは違うっていう前提で話し始めるのね。
グチとか日常のニュースに対して、アタシの意見を言うと、的外れな否定的なことを言われるわけ。

誰にだって、どこに国にだって長所と短所はあるじゃない。
でも、短所しか見ない人もいるんだなってのが、結婚生活で得たこと、ま、いい勉強になったわね・・・( ̄  ̄;)

自分のパートナーにくらいは褒めて欲しかったよな、って思います(-_-)短所、欠点だけをいつもいつも言われるとね、本当にあれこれと話す気になれません←配偶者に限らず。

○イ○人って、物事を批判するのが好きなんじゃないかと思うよ。
【2010/12/13 20:54】 URL | mai #YTIpxIas[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 a Passing Fancy, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。