admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アタシは、色んな国に住んだ、というほどではないんだけど。
(住むというのは、最低半年ってことで、アタシの独断♪)



一番長いのは、母国で祖国の日本を差し置いて、ス○スってどうよ(-"-)

今年から挽回するぜ、待ってて日本!(爆w


で、住んだ国はイギリスとイスラエルだけ、あ、ス○スも(オイ

Lost in Tokyo from Mark Bramley on Vimeo.


http://vimeo.com/34447797
一年しか住んでないから?あるいは一年でも帰ることが決まっていたから?それとも、自分が大好きな国だったから?まあ、いずれにせよ、イギリスは今でも嫌いじゃない、住んでもいいかも、と思える国。


じゃあ、印象はいいのか?

なわけもなく(オイ 冬は暗いし寒いし、食いもんまずし、当時は物価も高い気がしたし、雑誌で見る様なかっこい白人も少ないっつーか、殆どいなかったし...( ̄  ̄)


それでも、好印象なのは、英語であること、アタシがブリティッシュロックが好きなこと、都会(=ロンドン)があること、豊富な文化遺産、ってことかなぁ。
もちろん、悪口だっててんこ盛りに言えるけど、根底には愛があるの!


そして、イスラエル。
ま、もう一回行きたいか?と言われたら、平和であっても行かなくていい、と言えます。でも、「食」は口に合いましたね。それから、気候もきらいじゃない、抜ける様な青空と日本に近い気候とキレイな海...
観光として、死海とかね、エルサレムとかね、また行ってみたいかも。


ツーリストとしては、欧州内をちょこちょこ。


また行きたいのはマヨルカ、バルセロナ、フィレンツェ...


結局のところ、観光客として滞在するなら、どの国も素敵なのね。
今の世の中、ネットで情報収集して訪れれば、どこだってよそ行きのいい顔を見せてくれるもんよね。


でも、住んでみると色々と見えてくる。


30年も住んでいるここス○スですが、住めば住む程に色々と不満が鬱積ってのも、レアなんじゃなかろ~か?その最大の要因は言葉なのは、ドイツ語圏だけの問題=アタシだけの問題。


そして、イタリア語圏に住んでいれば、気候も温暖で、それもクリア出来たかもしれない。

なので、アタシの不満は突き詰めれば、ス○スに対してというよりも、ス○スのドイツ語圏に対しての不満ってことか、と今更だけど思うの・・・( ̄  ̄;)

でもさ、60%がドイツ語圏(ざっくり過ぎw)なんだ、仕方ない。


どこの国だって、裏と表、長所と短所あり。
人間だって同じ、だからいい面だけを見てあげないと、ポジティブって大事よ、って百も承知なんだけど...ダメでした、ど~してもダメ。

気候風土では...
1)海がない。
2)冬,寒過ぎ&暗過ぎ。
3)夏、短か過ぎ←ないとも言える。
4)花粉症のアレルゲン多過ぎ←白樺とかヘーゼルナッツ
5)乾燥し過ぎ。

文化関係では...
1)ス○スドイツ語を話さないと社会にとけ込めない、受け入れてもらえない、だけどドイツ語できないと大人として生きて行けない。ス○スドイツ語と標準ドイツ語の落差は異言語(-"-)
2)都会がない。
2)娯楽少な過ぎ、特に冬。→同率2位(爆w
3)色々と保守的過ぎ。
4)ドイツ語習いたくても習えない。
5)音楽、美術、食に関してかなり残念。


太字、カラーで書いたのは、どう努力しても変えられないこと、不変ってことで、それに馴染めないアタシは本当にストレスが増えてく一方でしたっ(T T)


じゃあ、海のあるとこに休暇に行けばいい。
自分は標準ドイツ語で通せばいいじゃん。
白樺とか生えてないところに引っ越せば解決するじゃない。


って、そうは問屋がおろさない。
まず、自分の生まれ育ったところから動きたくないス○ス人とっても多いしね。逆に海外に出たがるス○ス人も多いけど、最終地はまたブーメランの如く、鮭のごとく回帰するのよね、彼らの大半は。

我が配偶者は、結局、たかがツマの上記の不満のために、自分のポリシーは変えない、オトコの中のオトコってわけで、気候が温暖なイタリア語圏になんか引っ越さない,第一言葉が大変←自分の国だけど(-"-)

じゃあ、白樺とかない場所に引っ越すのは?あり得ない、そもそも、花粉症なんか病気じゃないだろ、って人。まあ、アレルギーがついに喘息になっても、病気じゃないと言ってますから(爆

海なんて、どうして必要なのか分からない、見たきゃ湖でいいじゃないか、とおっしゃる←まあね、結構大半のス○ス人がいいますけど、これ・・・( ̄  ̄;)

ってことで、住めば都の心境に至らず、アタシも鮭の如く日本へ回帰w


30年も住んでいたのは、もちろん子供がいたからでもあるけれど、もう一つは経済的にこの国は、お金持ちだからってこともあったかな。初任給4000sfr平均だもん。最低時給25sfrだもん。


でもね、過去の赤貧は抜けないんですよ。

階級社会じゃないのは素晴らしい、経済的にも豊か...

だから、30年間なんとか住んでましたけど。

母国より好きになることは出来なかったわ~馴染めなくて、残念(オイw


ぶっちゃけ、こんなに住んでて好きになれないってどうなん自分、って思うけど、百恵ちゃんの「プレイバック」なのだな~(- -;) 最大の理由は言葉、本当はこれです、アタシは。ど~にも好きになれない言語なんですよ。とにかく、田舎臭い「音」なの。それに地方によって違い過ぎ。これ覚えても、読み書きできないし。言葉が出来ないってのは、その国に住んでも大人として認められないってことです。一人で何も出来ない。だから、正確にはス○スが嫌いなんじゃなくてス○スドイツ語とそれを話す人が嫌い、かな(爆w そして、花粉症のアレルゲンの木が多いこと。後はね、経済的に豊かであれば、なんとか自分をごまかせたり出来るもんですよ、んで30年(オイ でも、限界・・・( ̄  ̄;)
関連記事
スポンサーサイト




夫が定年退職したら半年ぐらい(←弱気?笑)海外に住んでみたいと思うけど
関西弁すらままならない私に海外暮らしはやっぱりムリかしらねー。笑
【2012/01/15 19:44】 URL | エミリオ #-[ 編集]
エミリオさんv-111

期間限定は、きっと楽しいと思います~♪
毎日観光気分、学校へ行ったり、とか。
言葉なんて、簡単なことならすぐに覚えると思うなぁ。
私もどのくらい働くか分からないけど、一応自分ンの中では、いつかまた英語圏へ数ヶ月行きたいと思ってます(^^)
【2012/01/16 02:02】 URL | mai #YTIpxIas[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 a Passing Fancy, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。