admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう辞めるからイイ、と思っていたけど、ど~も雲行きが怪しくなりつつあります、って日本での方はGO!ですからね、もちろんそっちが最優先なのは当然です。

どう怪しくなったかというと、一年休暇を取って、その後代理講師の手続きをしてはどう?と勧められたのでした...む~(- -;) 休暇とはいえ、その手の社会保障は、最大手だけあって捨て難い(オイ


メリットとデメリットを単純に比較した場合。


あまりデメリットはないかも?と思って目下思案中。
とにかく、辞表はまだ出さないでね、と直の上司に言われてまして、辞表PCにあります(爆w

IMG_3728.jpg




一応、従業員?には、待遇はいいらしいんですけど、ここ。
時給の従業員と月給の従業員では待遇がかなり違うし、語学などの講師は、殆どが時給。一部の花形語学=英語、外国人向けドイツ語、イタリア語、以外は時給です。


それでも、クラスが多ければ時給も上がるし、退職金みたいなものも、そこそこ。実はアタシはまだ5年なんですが、20年とか務めてれば、かなり貰える、ううん、10年でもだな。


そんなことを考えると、例え代理でも、籍を置いておくことは意味があるわけですね、そこら辺が天下のMIGR○Sってことなんですわね( ̄  ̄)


しかしね。


企業ポリシー(なのか?)が実は嫌い。

ス○スの企業だな~って思えるんです、で嫌い(爆w

でも、ここで5年間教えられたことで、色んな意味で鍛えられたのも事実。プロ意識も少しだけど分かった気がしたし、目指す方向も見えて来た。そう言う点では感謝してます。


だけどね、語学習得に対する意識はねぇ...

ストレスもプレッシャーもなく楽々と言葉が覚えられるかよ(- -#)って、いっつも思ってたんですよね~。


でもって、日本語もヨーロッパ言語と同列で語ってくれてさ、語学講師資格のコースでは本当に苦労しました(T T)


講師が比較言語学なんてことを少しでもかじってくれてたら、もう少し楽だったかもしれない。このプレッシャーとストレスのない語学学習ってキャッチコピー、誰が考えたんだか知らないけど...


日本語学会?にはかなり圧力かけて来て、日本語もCEFR基準に当てはめざる得なくなって...

それって、まさに Druck und Stress、ぎゅーぎゅー( ̄  ̄)


日本人は外圧に弱いし、語学習得のレベルに関して足並みを揃えよと言われたら...Noと言えない○○なんでしょうね、きっと。

まあ、中々このSVEBの方針に当てはめるのは難しいんだけど、でも、お陰でアタシは非常にいい勉強になりました。


ってことで、一応あり得んだろ、と内心では思っても、おくびにも出さずと、アタシの日本での学校もポリシーはこのキャッチコピーだけ真似させて頂こうかな~と(オイ


もちろん、本当はそんな訳もなく、当然イリュージョンね(爆w


良き語学講師とは、素晴らしいイリュージョニストだと分かった、この5年間。いい勉強になりました♪


語学が身に付くかどうかは、やっぱ講師より本人の資質なのよね(▼∀▼)



そもそも、そんな何のプレッシャーもなく、ストレスもなく、楽しみながら、気がついたら日本語ぺらぺらとか、ドイツ語で論文書けちゃうとか、あり得ませんって。だから、こんなキャッチコピーにO.K.出したMI○ROSの広告部長、あなたは一体何カ国語話せるの?と問いたいwもちろん、MIGR○Sで「ohne Druck und Stress」で覚えたんだよね?と聞きたいわね(-"-) ハーフだって努力なしにバイリンガルになれないし、読み書きなんて人一倍努力してます、ハーフのバイリンガルだって...マルチリンガルなス○ス人って自負もあるんだろうけど、ス○スドイツ語ってコンプレックスもある、だから語学教育には熱心なのは認めるけどね。世界はインド・ヨーロッパ語族だけじゃないのだよ。
関連記事
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 a Passing Fancy, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。