admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔、ジモ友とマンガを回し読みなんかしてました。
そ~ね、育児真っただ中だった頃、マンガに逃げて癒されてたんだね、自分。あの頃の大変さも、今は楽しい事だけ、って言いたいけど、そうでもなくて、衝撃~( ̄▽ ̄;)!!な出来事は覚えてます、人間ってそんなもん(オイ

で、何が言いたいかというと。

その頃ハマっていて好きだったマンガがねこの方のでして。

これなの。
中性的なモデル登場、って去年話題になったよね。
ジャン・pール・○○チェのショーで両方したとか、ウェディング着たとか。こっちの雑誌のモデルもしてたよ。

45777-500w.jpg
画像元

当時は、まだ日本からこっちへ来て日も浅く←5年くらいか?w日本の物全般が恋しかったっけ。アタシは最初5年半も里帰りしてなかったのよ( ̄  ̄)
イヤ、2年半で帰ろうと思ったら、妊娠しちゃっておまけに双子だったんで、飛行機ダメって言われて、その後は子育てに忙しくて1才半になってやっと、気力、体力、そして経済力に余裕、だったんだよねぇ(。-_-。)


そんなんだったから、日本のマンガってものすごく楽しみだったの。
そしてハマったこの「○チェロ・ストーリア」はね、舞台がファッション界ってのもあって、本当に面白かった。でも、当時はとても保守なヨーロッパがこんなことを認めるわけもなく...


あり得ないんだろうな~と。
ス○スなんてその保守の中でも保守中の保守、牙城といいたい国なんだけど、とってもリベラルなとこもあるのよね。同性婚も認められてるし。それでも、やっぱ今でも男尊女卑亭主関白で、マキズモなんだけどね(-"-)


そういうことに気がつくのに実は20年くらいかかった(爆w
語学力もさることながら、情報が中々得られなかったのもそう。
今はね、ブログでその国で国際結婚してる人の日常が垣間見られるでしょ?色んな人がいるとは言え←アタシみたいなス○スラブじゃない人から、ス○スラブ♡なんて人まで。
一通り読めば、ある程度の全体像が分かるよね。いい世の中になったもんだと思うわ( ̄  ̄)


そんな訳で、ハマっていたマンガ。

そのマンガのストーリーが、アナタ、現実になったのよ。

画像はこちらから

面白いね、現実がマンガの世界に追いついたのが25年後ってのもなんだけど、この人、25年前だったら絶対に受け入れられてなかったと断言しちゃうわ。

それだけ、少しずつだけど、時代が変わってきたってことなのね。
水瓶座の時代とか言われてるけど、新人類が増えてきたのかな。


この彼はセルビア人でオーストラリアに移住して、そこでスカウトされ、シンデレラストーリーなんて言われてるけど、インタビュー聞いたりして思ったのは、頭がいいんだね、ってことです。

英語聞くと、兄ちゃんは母語の干渉が強いけど、彼はあまりない。それは、確かに兄ちゃんよりも小さい時に英語環境に入ったってのもあるけど、多分スカウトされて、世界に出て行くようになって、自分で努力したんだなって気がします。そういう、周りの空気が読めて、自分の目標を定められ、ビジョンが描ける、そういうことが出来るから、ここまでになったんだろうなと。単にキワものだったら、こうまで有名になったか?

まあ、この先もそれを維持して行くのは並大抵の努力じゃないだろうけど。


結局成功して、し続ける人は、本当はものすごく努力家なんだね、って思うアタシです。

最初のラッキー、運不運ももちろんあるけれどね。
そこの運がいい人は本当に、神様に贔屓されてるんじゃないか?って思うけどね。

きっと神様が贔屓する人は、それなりに理由があるんだな、とこの頃よく思うんですよ。特に若くして花開く人って、実は神様からの試練なんじゃないかと、思えるこの頃なんでした。


さて、現実の彼は、マンガみたいにはならないでこの先もずーっとネットで情報を得られる、そんな活動を続けてほしいなぁと思うのでした(*・・*)

Andrej Pejic 君はまだ20才、これからどうなって行くのかな。


このマンガ、実家にあるんだけど、帰ったらまた読んでみようw 映画化すればいいのに~w日本のマンガは宝庫よっ!!(爆w んでね、アタシは、虚栄の世界であっても、キレイな男の汚い世界であっても、とにかくお洋服とそれにまつわる産業が好き♡って、今さらながら思います。そんなのも、理解してもらえなかったというか、分かり合えないことも偏見とか差別同様存在するだね、って知りました。世の中には本当に色々な差別が存在するんだよ、悲しいことだけど。そして、無意識になってしまってる、ってことも。それは意識してする差別よりも根は深いとも気がついたんです、人間ってちっぽけな存在なのにな。

関連記事
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 a Passing Fancy, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。