admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月に日本へ戻るまで、もう後僅か。
だけど、結局荷物の整理も中途半端だし、完全引き上げにはまだまだ時間がかかりそうなんだけど...出来るだけのことはして行きたい、立つ鳥跡を濁さず、な心境です~♪


まあ、今は荷物や家の整理よりもすべきことがあるし。


それに、自分の中で決心もついたし、ってことで、結構楽になったかな。まあ、分かったのはこの国での離婚は面倒で、こういうことは言葉ができないと不利だということ。どんなに日常生活に不便がないだけ話せても、母語話者には負けるんだねってのも、分かった。

分かった代わりに、自分で動けば、女性のための諸々、受け皿もちゃんとあるんだなと。そして、この国の(というか大方の先進国)視点は、女性であるのはハンディである、ガイジンであるのはハンディである、ってこと。
だって行政主催のMenner Zentralみたいなん、ないじゃんね。離婚、別居家庭内暴力相談室的なもの。女性向けは必ずありますからね。

419925_319960404721392_146120005438767_938596_535226560_n.jpg
画像元



アタシは言ってみれば二重苦を抱えてるわけね。

でも、自分で電話も出来るし、ある程度のお金も都合が付くし、少なくとも同じ土俵に立てるんだってのが、分かりました、分かったけど時間切れ~(T T)

なので、続きはまた夏?秋?なのが心残りっす(爆w


でね、そんなスカッと秋空みたいな心境の目下のアタシですけども、あれよね、都会のお友達と食べて喋って、色々と目が点でした...それは、30年間持ち続けた違和感でもあるんだな。


言っておくけど、アタシはガイジンだから結婚した訳ではありません。
でも、多くのス○ス人との国際結婚組はそう思ってるみたいな??

30年も昔から、国際結婚って特別視されるのがイヤだったんだけど、もしもアタシがお隣の大国とかその下の国とかの人と結婚しても、みんな国際結婚~♪って特別視してくれたんだろうか?

海外でキャリアを積んで、日本で大成功ってのは希有な例で、大抵の海外で仕事してる日本人は実は大変なんだよってことを知って欲しいなと。

それは何故だろう?と思うに、多分、その国に完全 にとけ込んでない、からなんじゃないかしら、と思ってるのだけど、それはアタシの独断。

日本で白人が、どんなに完璧な日本語を話し、日本で生まれていても外見だけで、色眼鏡で見られる様に、ここだって同じ。人種という壁はどうあがいても変える事は無理なんだよね。

それでも、郷に入れば郷に従えで、馴染む努力をしてる健気な日本人達。もちろん、超優秀でお金がたんまりあれば話は別さね。最高のゲスト扱いされて気持ちもいい。

でもそんなのはほんの一握りもいるかな?です。

アタシは、日本人である自分に忠実でありたい、それから郷に入ります(オイ 自分を消してまで、郷に入って従う気にはなれない、だから、この年になって出戻るの。

もう、離れてしまって元に戻すことが難しいから言えるのかもしれないけど...

配偶者に、アタシはガイジンで、自分の意に反するのにス○スドイツ語話す気になれないし、そうまでしてこの国に馴染む気はないってことを理解するだけの想像力があれば、もしかしたら死ぬまでこの国にいた可能性もあるかも5%程度だけど(爆w
多分、こんなにいい国なのに、何故文句を言うんだ?ってのが根本にあるんだろうね、でもそれはあんたの自分の国だからでしょ?アタシにとっては他の外国と変わりない、言語って点では全然いいとは思えないよ、ってのが分からなかった配偶者です。どこまでス○スラブなのか?恋は盲目ってこと?(爆w


文章力がないから上手くいえないけど、アタシはもしも配偶者と日本に住んでいたとしても、彼に日本人みたいになってくれとは思わなかった、ってのだけは言えます。ヤツが日本人的なことをしたらね、鼻につくよ、ウザいよ。適度にブツブツ言ってくれてる方が納得かも。でも、ス○ス人は嫁がヨーデル歌ったり、ス○スの伝統的なことに興味もって極めてくれたりしたら嬉しいみたい。気持ち悪いとか思わないのかな。
配偶者が、弓道とかして武道家とはなんて語ったら、うへ~と思うアタシは心が狭いのだろうか?←絶対にあり得ないけどw
そらね、日本語は上手になって欲しいですよ?でも、メンタルを日本人化させて欲しいとは思わない、かと言って、ここが変だよ日本人に出て来る様なガイジンになって欲しいとも思いません。文化のバックボーンは消せないのよ。でないと困るし。


それにしても、ここも都会も、なんつーか、魔窟(コラッっていうか、伏魔殿っていうか。 中々自分は自分、人は人って心境になれないもんなんだな~、難しいんだなと、ついつい比べてしまうアタシは思うのよ。

うん、アタシは比べちゃう方だけど、ね。


比べて悔しい思いするんだけど、それって、結局僻みとか嫉妬なんだよね。

日本へ戻ったら、比べる相手もいないし、伸び伸び出来る気がします♡
だって、白人との結婚がステータスでもないしね、日本。もしかしたら、白紙でアタシを見てくれなくなるかもね。でも、それ売りにして商売するんですwだからいいんだけどさ。


なんで、しかしこんな何十年も経ってからあれこれ悩める子羊になったんだろ、アタシ・・・( ̄  ̄;)


実は、ジモ友の中で一人どうしても、比べては歯ぎしりなんて人がいるアタシ。アタシはその人の要領のいいところ、根拠のない自信満々(多分、彼女が白人と結婚してること自体を自信に繋げてる部分)な態度、故に上から目線の他人の批判がね、ムカつくんです(オイ なんで、彼女だけがそんなにうざく思うんだろう?と考えるに、アタシの中に自分は彼女よりも優れてるのに~(-"-)ってのがあると思うの。で、こればっかりはもうどうしようもないんで、最近は苦笑しつつも愚痴をぶちまけてます、ある友だちに。多分、っていうか確実にアナタの方がずーっと優秀だよって言われたいんだと思う。つまり、アタシの中に彼女を見下してる部分があって、白人と結婚してることがそんなにエラいか~(-"-)き~っ(- -)ってことなの。分かってるんだけど、ウザい。それももう視界から消え、同じ土俵じゃなくなると思うと、忘れちゃうかなw


関連記事
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 a Passing Fancy, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。