admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただ今仕事中。

今回は二つほど独断と僻みと偏見と(爆w

で、改めて思ったこと。

ス○ス人にとって休暇は当然、取って当たり前。簡単に取れるもの。だけどね、ス○ス人だってただの平社員もいれば、バリバリ仕事をしている人もいる。でも、それぞれの範囲内で1〜2週間の休暇を年に2回くらいは取るのが当然。


問題は、大抵のス○ス人に「バリバリ派」は少ないこと。


スクリーンショット 2012-11-01 17.33.05



今来ている人は、ス○スで教えていたEX生徒。
彼女の仕事は特に特別なスキルがいるわけでもないフツーの事務職。病院関係に特化なのですが、特に専門知識がいるわけでもない、そんな楽な仕事です。

ス○スは高給取り、初任給は大体4000sfr=約40万円の感覚。
あまり昇給はないけれど、学校へ行き昇級試験を受け資格を取れば昇級するから昇給しますwまあ、最低時給が25sfr=2500円(感覚的に、正確には2000円程度)の国です。


専門職とか特別な技能がいる仕事だと最低でも倍は貰えます。


で、何が言いたいか。
今来てるス○ス人は、普通の仕事なので、好きに休暇も取れるし、遠路遥々日本から友達が来たりしたら休みを取るのは何の問題もない。だけど、日本は上に行けば行く程、つまり勤続年数が長くなり、それなりのポジションになればなるほど休暇は取りにくいんじゃなかろうか?
まあでも、それはス○スも同じなんですね。ただ、休暇を取るのが当たり前のス○スゆえに皆さん色々と算段して2週間(時に3週間)の休暇をゲットして海外へ旅立って行くわけです。
あ、でもドメドメな配偶者実家では、殆ど国内旅行でした、お金と言葉、つまり海外へ親子4人で行く程稼いでなくて且つスイスドイツ語オンリーだったわけです。こういうのはなんだけど、典型的ブルーカラーです。そしてハイジの世界で育ったんですね。


で、今の生徒さんもまあ、決してインテリブルジョワ一族ではありません。


だからって思うアタシも偏見の持ち主だなぁ...(- -;)と思うけど、彼女にとっては、日本人の友達が11月2日〜4日わざわざ新幹線で宇都宮くんだりから熱海まで来てくれるだけでも大変だったろうに、その彼女が2日は夜7時半頃に着き←仕事の後か?4日は朝9時半には乗らないといけないというのがものすごく不満なようです。


自分だったら、友達がわざわざ日本から来たら休暇を取るのが当然なのに、なんで彼女は仕事を入れたんだ?と。祝日と日曜じゃないか?4日に急に仕事をすることになったからって、日曜に働くなんてあり得ないとご立腹。
でも待ってよ、日曜にお店が開いてて日本は便利って言ってたよね?ス○スは働かないけど、そこはどうなのさ(- -)


しかし。


その友達は中学だか高校の先生で演劇部の顧問らしい。
4日はやはり舞台を見ないとダメになったってことらしい。
今は文化祭の時期、多分お友達はなんとか休みを取り2日は仕事が終わってから駆けつけ、3日を一緒に遊び、4日はまた文化祭の発表があるから戻る、じゃないかなと思うんだけど。
旅館の予約もしてくれて、段取りは全て彼女任せだよね?仕事が忙しいのが離婚の原因だって、まあ確かにその人の配偶者が典型的なス○ス人ならそうかも。←ス○スとの国際結婚だったそう。でも、日本に住んでたんならそれだけじゃないでしょう、理由は。


実に、ス○ス人の生徒は文句たらたら。


いや〜、いい人なんだけどね。アタシは何年も教えててなんていうか、彼女は自分の目線でしか判断しない人なのは十分知ってますから、今回は日本人は休みを取るのがどんなに難しいか、それからこの祝日にホテルを取るのも大変なことなどを説明しておきましたけど...多分理解してもらえてないなと←上から目線(爆w
でも、多分その性格だから日本語上達しないんだろうなぁ。ちょっと配偶者に似てる(オイ( ̄  ̄)


自分は友達が日本から来たら休暇を取る、だから相手も当然そうすべし、友達なんだし、なんだろね。


彼女の日本語に関してはまたいつか。
英語に関してもまたいつか。
you know well how I say をよく使うんだけど、ちゃんと聞くと英語はちょっと怪しい。配偶者もそう。でも、そういうクッション言葉を上手く挟むととても上手に聞こえるんですね。これは日本語だってそう。なので、彼女の英語は日本の高校生より下手かも←文法とかね。配偶者も然り。でも、すご〜い( ̄Д ̄;) となるんです、日本だと。そして英語は話せるのだ( ̄  ̄)と自信満々になるのね。


で、自信満々つながりで。


海外にいると、日本人というだけで、日本語教えて、お茶教えて、書道、お花、果ては空手できる?着物着せて、着られる?などなど、聞かれます。
苦い思い出、友達が着付けが出来るというので、引き受けたス○スでの結婚式のメイクと振り袖の着付け。友達は20年前に習っただけ。で、何が起きたか。お式の途中で着崩れてずるずるになりクレームだったらしい。アタシはメイク。ヘアも友達がしたんだけど、結婚式にそれは...というフツーのアレンジ。で、お金は返したけど、実は着付けに400sfrも取ったの。そら、確かに安いかもね、だけど意味ないじゃん着崩れて歩けないなんて。結婚式だよ?


ここで、謙虚に断る人は日本人的な日本人。

海外が長いと引き受けること多し。
例えば活け花、日本ではちょっと...なんてレベルでも、20年前に取った免許でも、自信満々展覧会なんかして、授業料一回30sfrなんて安い方。平気で50sfrとか当たり前です。


なんで皆さんあんなに自信持てちゃうんだろ?
日本人的なこと教えるのどうして平気なんだろう。


まあ、それは性格であるとも言えるかもだけど。


日本人は高いレベルを求めるから、日本で働くのって大変だなぁと思うこの頃。
ストレスたまるの分かるわ・・・( ̄  ̄;)


そして、ス○スではストレスがあまりないのも分かるなぁ。



ちょっとエラソーだけどね、アタシ。ス○ス人には自分基準の人がとても多い気がするのよね。配偶者然り、彼女然り。お前はどうなんだ?と言われたら、一応日本人の端くれ、30年済んでて戻って来たのは、自分基準の考え方に慣れることが出来なかったからかと(爆w さすが、自己責任で個人主義の国だなと。自分はこうなの、だもんアナタも当然同じよね?ってことらしい。配偶者もそうだもんなぁ...そこに相手の意向は殆どないかもね(オイ どっちの国も一長一短。ならば、言葉が楽な国の方がいいかもしれない...かしら???
関連記事
スポンサーサイト




ニュージーランドもバリバリ派はいないし、けっこうゆるゆるですね。
だからか?給料は安いです。涙。
スイスはいいなぁ~。
【2012/11/08 12:28】 URL | kay #-[ 編集]
kayさんv-111

ネガティブ記事にコメントありがとうございます〜♪
確かにス○スは暮らしやすいですね、ス○ス人には。
まあでもお金が全てではないけれど、だけど余裕があれば違うもんだと思いました←日本と比較してですが。
バリバリ派の某銀行の日本人女性はスゴいんですけど、それはそれで大変そうw 最近はひがんでることの多いアタシなんで、ついつい(。-_-。)
【2012/11/08 17:45】 URL | mai #YTIpxIas[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 a Passing Fancy, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。