admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夫は一度として真に『悪かった』と謝ったことはなかった」

この言葉がネットのニュースでもンHKのニュースでも言われている。


でも私にはこの彼女の気持ちが分からない。


何十年も生きていれば、煮え湯を飲まされる思いもすれば
腸が煮えくりかえる思いも味わっているのが普通。
そして、誰もが「真に『悪かった』と謝る」ことなんてないと
思うのだけど、どうだろう?


きっと彼女はこの言葉にもっと意味を込めているのかもしれないけど。

愛のない関係で、離婚も考えている状況なのに何故素行調査?
慰謝料ってこと???たった3年ちょっとの関係で?

記事が増えて行くほどに彼女という人間がある一定の型にはめられて
どんどんとマスコミの理想像にされていく様な.....


でもやっぱり彼女は私には理解できないなぁ。
彼女は彼に今まで心から謝ったことがあるのかしら.....
そもそも彼女は今までの人生で、頭を下げたり、挫折したり、屈辱を
味わったことがあったのかしら?


誰かを認めたり尊敬したりってことはなかったのだろうか。


私なんて自慢じゃないけど、アジア人って言うだけで何度も
嫌な思いをしたことがある。
「同じ人間」なんて言葉は、一部の人の為の言葉だね、って思い
人間不信になったこともある。


だけど、彼らに「悪かった」と謝ってもらう気にはならない。
だってそれは永遠に理解できない平行線だから。
謝らなくていいから、無視させてと心で何度思ったことか。


彼女にとっての彼は従属すべき関係だったのかしら?
愛(情)じゃなくて.....なんだろう。


人の心は本当に不可解、理解することは永遠に出来ないんだろうな。
関連記事
スポンサーサイト




うちは21年連れ添ってる。付き合いいれたら25年くらい。
でも、理解なんてできない。
だって別々の人間だもん。
いい意味でも悪い意味でも、わからないことだらけ。
それでいいって思ってるし。
それに、謝ったからって、許してもらえないんだよなぁ。
愛情と愛憎って、いつもいっしょにあって
だからこそ、ふたりでいるんだと思う。

って、コメントズレまくり(汗
【2007/01/14 10:07】 URL | 由規 #-[ 編集]
誰かを理解してるなんて思うのは、思い上がりだと思う。

自分のことすら分からないのにね。

私はあからさまな人種差別をされたことはないけど、でも外国にいると嫌な思い一杯します。
だけどなんていえば言いのかなぁ、して当然って思ってる人も一杯いるんですよね。

だってxxx人じゃない、とか。
言葉も出来ないくせにとか。
誰の国にいるんだ、とか。etc。

あー私もずれてるなぁ。

私は彼女の「真に「悪かった」って謝らなかった」って言うその心情が分からないんですね。
そんなに大事なこと?って思うの。殺すほど腹の立つことか?って。

まあもちろんそれだけじゃない、色々あったんだろうけど。

でもたった3年くらいの関係じゃない。
ウチも25年くらいだけど.....最近の方が訳分かりません(-_-)

ウチの連れなんて謝らないよ~、聞いたことないよ謝罪の言葉。
国民性??人種の所為??

謝れ、ばかやろーって何度思ったことかw(連れだけでなく)

ま、そういうもんです。コメずれまくり....._no
【2007/01/14 19:13】 URL | まい #-[ 編集]
今重松清の「トワイライト」読んでいるのだ。この本の内容がまさに「トワイライト」。書くと「サムーい」とか言われそうなので、長々書く気はないんだけどさ、なんかこのブログのコメと共鳴する部分があって・・・。

今半分まで読んだんだけど、
人生なんて後悔と失敗だけで成り立っているのがフツウなのかな・・・と思えてくるような本。なので、読み続けるのがちょっと辛い。
結末も読まなくても見えてるし(多分)・・・。

バブル崩壊を日本で体験しなかった私には、私たち中堅?世代の、社会崩壊感が今ひとつ遠く感じられる・・・。それはそれでよかったのかもしれないけど、バブル崩壊に伴う家庭崩壊、人間崩壊、そしてその世代に育てられて今社会に飛び出したばかりの世代・・・。

ちょっと哀しい・・・。
【2007/01/16 22:42】 URL | リモン #-[ 編集]
リモンちゃんv-111

私ね、ドイツ語でギューギュー絞られると反動で日本語が読みたくなるんだよ。
でもさそれは、阿川佐和子とか「言いまつがい」とか軽いものね。
その本、読んでると更にどよ~んとなりそうじゃん.....

でも、バブル崩壊の世代に育てられた子供達って今幾つくらいなの?研修の時もちょっと話題になったじゃん、今の世相とかさ。

私達の親の世代と、今の団塊の世代ってなんか価値観とか物の見方がえらく違う気がするんだけど、どう?

私今の若者も訳分からんと思う時あるけどさ、もっと意味不明なのはその親の考え方だったりしてね(-_-)

努力さえすれば何でも可能っていう教育もどうかと思うわ.....
複雑だよね。
【2007/01/16 23:39】 URL | まい #-[ 編集]
んとね、本の中では「たまがわ」団地の過疎化もとりあげられててね、私は関東出身じゃないから、「たまがわ」の昔と今の状況が実感できるわけじゃないんだけどさ、私たちの世代って、「夏休みには田舎でおじいちゃんとおばあちゃんと過ごした」記憶なんかがあるわけじゃん?その「田舎」は文字通り田舎で、川で魚釣ったり、虫取ったり・・・そういう記憶に関する描写があるんだよね。でも私たちの親の世代が今おじいちゃん、おばあちゃんになって、当時ニュータウンとして高騰していた団地を高値で購入してハイカラな生活をしてたつもりなのに、今となってはコンクリートの廃墟でしかなくて、孫も「エスカレーターもない4階の団地に帰省なんて、あんなの田舎じゃない」等、サムイこと言うんだな・・・。

これね、ウィーン行ったとき、モ○コさんにもらったの。「私たちの世代には実感できるものがあるって言われてる本だけど、感想聞かせてね」ということで・・・。
で、モロ直球で受けてるんですよ。実感を。

メチャ暗くなるよ。重いし。でも、ああ、そうだよな。こういう世代だったよな・・・って外国にいる私はさめた目で見てるの。
【2007/01/17 03:27】 URL | リモン #-[ 編集]
私の中では彼女は小椋冬美の描く女性なのだなわw

外見たおやかだけども、中身は一本通ってる彼女からの本か。
私、モトちゃんやリモンちゃんより上だからね。
直球でうける実感あるかしら?
ウチの場合、親は生きていれば母は80才よ。父は下だけども。
団塊よりはかなり上だね。

私にも荒筋と感想を聞かせてねー、待ってるわ(゚∀゚)~♪フフフ
【2007/01/17 07:11】 URL | まい #-[ 編集]
荒筋はね、
タマガワができたての当時、その小学校を卒業した子供たちに、担任の先生が校庭にタイムカプセルを埋めよう・・・というのね。未来の自分に残してやりたいものを埋めて、40歳になったとき掘り返そう、・・・と。

で、その子たちが今の私たちの世代になって、もうそんな話もすっかり忘れてしまっていたころ、タマガワの小学校が過疎化のために廃校になるの。で、埋めたタイムカプセルを1年半早く開けよう・・・ということで、久しぶりに同級生たちが集まるのね。(もちろん、集まったのは17人くらいで半数にも満たないんだけどさ・・・)。初恋のしずかちゃんに再会したノビタ、ジャイアンと結婚して不幸なしずかちゃん、肝炎で死に掛かっている杉本・・・不倫相手に殺されてもういない担任の先生・・・などなど・・・現在の彼らの話がからんでくるのさ。

ノビタはタイムカプセルに「太陽の塔」を埋めてて、リストラされた日、ひょんなことで初恋のしずかちゃんと一緒に「太陽の塔」を見に行くことになるの。でも未来にそびえるはずの塔が永久保存されているのを見るのは、ただ哀しいだけで・・・この後も、ずっと、塔はそこにいなきゃならないんだ・・・とかさ。

そういう感じです。
【2007/01/17 18:42】 URL | リモン #-[ 編集]
リモンちゃんv-111

そういう話なんだ。私は世代が違う&外国にいるってことで、もっとクールな目で見るだろうな。

今yuotubeで見られる「オーラの泉」aurakaruteで見られるのよ。
それ見たり美輪明宏の本なんか読んだり、私ってスピリチュアルな話とか世界好きで、そっちに気が行ってるからなww

そういう現実過ぎる話ってどうなんだろ??
いつか貸してねw
【2007/01/17 18:59】 URL | まい #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 a Passing Fancy, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。