admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マザー・グースのうたの谷川俊太郎訳。

これは確か私が大学生の時?高校生の時?に買った本。

私の本の中での最年長は、ポリ・アンナと101匹ワンちゃんで、
今でも手元にある。小1の時の本だったかな。

その年、その時にお気に入りとなり何度も何度も読み返した本達。

今、全部ここに持って来てる訳じゃない。
失くしてしまったものもあれば、図書館の本だったものもある。


まあ、そんな大事なお気に入りの一冊がこの詩集。


その中のこの「うつくしいのは げつようびのこども」

これをよく曜日を覚える時に使う。
曜日が出てくる頃には、ひらがなは大体クリア。
なので、このひらがなだけの詩を使って、曜日を練習。


それからついでに、「のは」も、教えたり。
「惚れっぽい」とか「品のいい」とかもww

こういうことは、みんな嬉々として辞書も引くし楽しんで
覚えてくれるから、結構定着率よろし( ̄m ̄*)

「ソロモン・グランディ」なんかも使うかな。

この詩集は、全てひらがなとカタカナで書かれてるから
非常にいい教材になるんである。

結構初級でも「これはジャックのたてた いえ」
なんてのも、面白い。

「た形」を教えるのに時々登場。

しかし、日本語にはどうして楽しめる教科書ってないんだろう??


どういう風に教えるのがいいのかは、人それぞれだしね。
学習者とその目的によるよね。

でもなー、やっぱ教科書がつまらん!!

コミックがベースになった教科書もあるけれど、それはメインには
使えないのよね、やっぱり。


まあ、教科書は作るのは無理としても、ビデオ教材はやっぱ
今年自作してみるかなぁ、もう一度。


ってのを理由に新しいPC買おうwそして、学校に交渉してみよう、
少し出してよ、教材費ってw


ま、それは置いといて、PCとビデオは買いたいなぁ、夏に...
そしたらついでに、あんなことやこんなことも試しちゃうのにww

関連記事
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 a Passing Fancy, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。