admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏時間の翌日の今日。

いい天気!!気温も15℃くらいになるらしい♪
窓から見えるPILATUS山には、かなり下まで雪があるけど
今月中に消えるとみた(って言うか、消えて欲しい(ーー;))。

さてそんなここでは、ジェットコースター並みの気温の変化で
風邪引く人多々.....


なんだけどもね。
皆さん、ちっともハキハキと医者に行きません。
ただの風邪じゃあ、医療費も医療保険もメチャ高いからね。


行かないのよ。


私は、年中行ってます。
アレルギーだし、喘息あるし、そっち関係では常連よ( ̄^ ̄)
咳や気管支に関しては、かなりナーバスかも。


保険会社からも、配偶者からもヒンシュクもんであろう(⌒▽⌒;)


さてそんな、医者にあまりかからない○イ○人なんだけども。
最近日本でタミフルのことがニュースになっていて、我彼の
薬に対する考え方の違いを、(医療の違いかも)実感。

○イ○じゃ、こんな感じ。

タミフルは殆ど使われない。


ここに書かれているのは、本当にその通り。
医者に行っても、抗生物質は中々くれません。
インフルエンザでも、咳止め、解熱鎮痛、と個別にくれても
抗生物質は殆ど出さない。

扁桃腺炎や急性副鼻腔炎、膀胱炎、中耳炎etcなんかには抗生物質は
当然出すけどね、そうじゃない場合はあまり.....


抗生物質は体に良くないっていう風に思われてるしw
実際そうだと思うし、私は。


まあ、一概にこちらの医者の考え方が良いとは言えません。
でも、なんでもかんでも抗生物質出す日本も、ちょっとね。

そうそう、こっちの医者は薬の投与量は多いと思う。
なんだかんだ言っても、アジア人は西洋人とは体力も体型も
違うから、その辺はねぇ、配慮してよ、って思ったり。


私のかかりつけは、最近息子に代替わりしたんだけどね。
彼がお父さんの様になるまでには、まだまだ道は遠いねw
フレンドリーできちんと説明してくれるのはいいけれど、
それをするからといって、名医かどうかは別問題~w

パパの方は威厳があって、聞いてもあまり答えてくれない
ちょっと怖い感じの先生だったけどね、見立てはばっちり。

まあ、経験の差なんでしょう.....

名医とは匙加減の上手い先生なんだわね、と最近思う私です。
何事にも匙加減は大切、そしてそれは経験から得られると。


うーーん、名医への道はまだ遠い、かな?
関連記事
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 a Passing Fancy, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。