admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どなたか20000のきり番ちょっと前に踏んだようで.....
誰だろ???って、調べてみましたが・・・( ̄  ̄;)
分かるわけもなく、はぁ。

多分、お隣かUSの方のようでした。
残念だなーwコメ残してくれたらCDプレゼントだったのに(*v_v*)


さて、本題。


最近、どーにもドイツ語読むのがウザイ←まさにこの心境_no


で、コース終了後は、貰った資料とか以前のように辞書引いたりも
せずに、放置.....(オイ


しかし、さすがに先週はこれじゃいかんだろーが?と。


それにしても、なんか段々難しくなってません、コースのドイツ語??


どうかしら、この辺.....harukimurakamikafka.jpg 人気あるんだわねぇ、この人。



今まで生活には左程の不自由もなかったのに、アタシってこんなに言葉を
知らなかったのか????と愕然としてます。

日本語じゃないよwドイツ語ね、まあ、日本語は完璧じゃん!!と胸を
張りたいけど...最近自信ない、だって「集合住宅」って思い出せんかった(T_T)


あ~あ、典型的な中級どまり、その後伸びない学習者の見本かよ、自分。


ってことで、このコースが終わったらドイツ語ブラッシュアップ、
じゃなくてーw日本人作家のドイツ語訳を読もうかと。


例えば英語の本でも、すでに日本語訳のを読んでからだと
あ~ら不思議wお話がとーってもスラスラ分かるんですのよw
って、まあそら当然なんだけど・・・( ̄  ̄;)


でね、まずは息子らへのクリスマスプレゼントに文庫?の
吉本ばななと村上春樹買いましたね。


薄くて、読みやすそうなの。

「Gefährliche Geliebte」 Haruki Murakami

と、

「Eidechse」 Banana Yoshimoto


で、正直に言いましょう、告白すると.....


実はアタシは村上春樹は好きな作家ではないのです。


でも、いくつか読んでます、一応ね、ミーハーだからねw

「ノルウェーの森」「海辺のカフカ」「ねじまき鳥クロニクル」
「羊をめぐる冒険」他羊関連w、「スプートニクの恋人」etc

翻訳の「夜になると鮭は」


まあ、好きじゃないもんでこの程度です.....


でも、実はエッセーは結構好きだったりw
「村上朝日堂」「シドニー!」←これは本当に好き♪


さて今回息子にクリスマスプレゼントで買った上記2冊。


まあいずれはアタシも読もうとw


だって、息子らって読書あんまりしないし。
双子の片割れは、たまに読んでますけどね。
ミステリーのコーンウェルとか、ドイツ人作家のロマン。

もう一人はこの間「Tokyo Love」をプレゼントしたら
読んだ模様、面白かったそうです.....

アタシこれ、金谷ひとみの新作かと思って買ったんだけどさ。

「蛇にピアス」(⌒▽⌒;)

今回のこのプレゼントでもう少し本を読んでくれるように
なってくれるといいなぁ、と母は思うのでした.....


そしたらきっともっと小論も上手になるんじゃない?
アタシじゃなくて息子がね(オイ、コラッw ( ̄^ ̄)凸


配偶者は今までの人生で多分20冊も読んでないかも??
読書しない○イ○人は実に多いね。
で、それはもちろん個人の自由さ。
だけども、アタシにはどーしても受け入れられないことなんですけど。


結婚生活、よく続けられたよなぁ...彼氏も必要になるってもんだわよ(エ?


だからせめて息子には読書の楽しさを知って欲しいのよねぇ。
幸いケイタイ小説なんてのはまだない国w
ってことで、これがきっかけで村上春樹でもいいわ(コラッ、読書の魅力に
気付いて欲しいんだけどなぁ.....←母の心の声よw


しかし、この春樹の「Gefährliche Geliebte」って邦題は
なんだろう.....←ここらで春樹ファンじゃないのバレバレ(-_-;)
エロティックだそうで、それもえらく褒めてありましたよ←書評ね。


うーーーん、やっぱアタシも読んでみないと・・・・( ̄  ̄)


ってことで、今回はユウキちゃんとこの「難題」って言う記事からの影響でっす(*v_v*)


ユウキちゃん、本はそういうわけでドイツ語なんでありますw
関連記事
スポンサーサイト




小説よむなんてえらい!私も活字離れがはげいしい今日この頃。
むらかみさん、こちらでもものすごい人気みたいですよ~。
イメージ的には「サラリーマン作家」です。健康で仕事が速くて家族も大切にしてマラソンしてとともかく退廃的な感じのまったくしないひとらしいので人間性は興味あります。(良いほうに)
作家がみんなすごいデカダンな生活しているっているわけじゃないんだ~という見本のような方。
ともかく私も「本をよまにゃあ」とおもいました。

私は好きな推理小説なら英語だろうが読みます!(ニホンゴが出ているなら日本語読みたいですが英語版が先に出ているなら英語版読みます)。
でもそれ以外はむずかしいな。
【2007/11/23 12:22】 URL | uta #FvEjKfs.[ 編集]
utaさんv-111

好きな作家って何故か海外ミステリーだから、どうしても翻訳待つんだよね。
一度コーンウェルを英語で読んで、わけワカメだったし(-_-;)

日本の作家は、時代小説なんだわ、現代物あんまり読まないの。

やっぱね、本は母国語で読みたいもんです.....
【2007/11/24 07:11】 URL | mai #-[ 編集]
ご挨拶に来るのが遅れました、すみませんー。
村上春樹は、一時めっちゃ読んだのですが、
今思えばミーハーだったからとも言えなくもないというか^^;

「Gefährliche Geliebte」Haruki Murakami
「Eidechse」Banana Yoshimoto
…原題がわかりませんでしたー^^;

日本語って、漢字ひらがなカタカナが組み合わさっていて、
実に読みやすくて美しい言語なんじゃないかなー。
と、思いますです。

いや、日本語しかダメなんですが^^;
【2007/11/27 16:23】 URL | ユウキ #-[ 編集]
ユウキちゃんv-111

コメありがと♪

そうよね、日本語書くの忘れてた。
ばななのは「とかげ」なの。
アイデックスってトカゲのことなんだわ。

でも春樹のは訳すと「危険な愛」とでもなるのかしらん。
そういう感じの題の小説あったでしょうか?

アタシね、絶対に日本に戻ったらあっという間にドイツ語忘れる気がするわ←自信あり( ̄^ ̄)
【2007/11/28 05:31】 URL | mai #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 a Passing Fancy, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。