admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついこの間、いつものスーパーでいわゆるちょい悪なオジサンを見ました。


背が高く、○イ○人は滅多に着ないスーツを着てまして。
スキンヘッドみたいな頭で、顔はコジャックととユルブリンナーを足して
2で割った感じね。
そこへちょっとスパイスでマストロヤンニとジャック・ニコルソンさw


そんなオジサマ。
レジでアタシの後ろに並びました。

何気にチラチラみていたら、彼は隣のレジの列のいかにもイタリアンな
オバサンに、声かけ、おぉ♪


イタリア語話す?なんて感じで、とてもフレンドリーに。


オバサンは、もちろんよっ!って答えて(多分w)その後の二人の
会話は、まあ大盛り上がり(⌒▽⌒;)


いや~なんか、最後の方なんてね。

「名前なんていうの?」

「あら~やだわ♪そーよね、ロザリーって呼んでっ♪」

って感じで、スゴイ意気投合してましたよ。


えと、イタリア語分かんないけどw多分最後の名前の部分のやり取りは
当たらずとも遠からじ、だな←確信( ̄^ ̄)凸


それにしても、それにしても。


イタリア男ってみんなこんな感じなんだろーなw


今までそんなにイタリアに行ってるわけじゃないけどね。
妹と1回、女友達と2回、1人で1回行って思ったのは、実にマメ。


すごくいい気分になるのだね、だってみんな親切なんだもん♪


いや~誰にでも「チャオ、ベッラ!!」って言うのは分かってんだけどw


やっぱ気分いい。
若くなくても、キレイだステキだって言われるといい気分なのよ~♪
んでもって、親切だし、皆さん


なんて、今日のオジサマの態度見てて思ったんでしたね。


そーそーアタシにまでウインクしてましたが.....
それって一体何の意味が???←なんもないんでしょうw


ちょい悪オヤジの必須条件。


女性を褒める、若くなくても褒める、とにかく褒める!これだわね。
そして当たって砕けろ、下手な鉄砲も数打ちゃ当たる精神♪


これがスマートに出来ないうちは、いけませんね、日本の男はもてません┐( ̄ヘ ̄)┌
関連記事
スポンサーサイト




いいな~イタリア男性。
もちあげられて気分悪くする女はいないよね。

これ、やっぱり彫りの深い顔に明るい笑顔で言ってくれるからいいのかな。
うちのだんなは結構大げさに褒めてくれるのだけど、どうもわざとらしさがなぁ。
で、「やめなさいっ」って私に撃沈される(笑)
【2008/01/29 13:09】 URL | ゆうり #-[ 編集]
ゆうりさんv-111

○イ○男とは雲泥の差。
同じヨーロッパなのにこうも違うかっ、あんたらは!ってねw

正直、日本の男性はそれ以前、なんか違うw
と、いつも最初の数日は思うんだけどね。

まあ、すぐに馴染みますが.....
(いいか、悪いかはこれまた別問題(`∀´)Ψ)

ご主人褒めるのね?珍しいじゃないのー、羨ましい♪
【2008/01/30 00:54】 URL | mai #-[ 編集]
いまさらコメント。主人の妹(典型的なスコティッシュ、金髪碧眼)が若かりし日にヨーロッパをセールスエンジニアで巡礼していたころのオハナシです。ある日フランスへ行った彼女は(多分パリ)もうナンパの嵐にあったそうな。とにかく行き交う男男がみんな「まどもわぜーる、僕と一緒にお茶しない~」と言ってきた。義妹は特に美人でもないけれども不細工でもないし、アメリカ人が一生懸命フランス語話してとにかくものめずらしかったんでしょうね。悪い気はしないけれども、もう本当にうっとうしいと思っていたそうな。そして翌日はスコットランドへ飛んだ。そうして夜にパブへ入るとなんと、店にいるのはみんな自分の親族一同と見まごうほどに似ていた!そうです。そしてパブにいる間の2時間、誰一人として彼女に声をかけてくる人はいなかったそうな
「フランスも困ったもんだけれども、あのスコットランドの男のやぼったいこと。」とこぼしていました。
【2008/02/01 07:47】 URL | uta #FvEjKfs.[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 a Passing Fancy, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。