admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セミナー、行ってきました♪

今回は1日目、仕事で午前中は欠席。

でもさ、2日目の平田オ○ザ先生の講義だけはどーーーしても聞きたかったのでした。


で、楽しみにしていた2日目の講義。


いやーーーーもう最高に楽しくて面白くて為になりました、スゴイ!!!


hirata.jpg
こういう経歴の持ち主な彼ですが。




もちろんミーハーなアタシは一緒に写真を取り(オイ、サインも貰ってですねw
何しに行ったの???でさ、なんつーか、若い友達とニンマリw
まね、いいのさ、だって会の中ではちょっとね異色らしいし、アタシ。

もーねー、こんなにフツーなのに?派手ですって~~~?←マジメよ、アタシの外みは♪



でね、こんなに面白かったワークショップも初めてなら、講義も初めて。


昔々はどちらかと言うと、文法とか日本語との違いをどういう風に教えるかとか
そんな感じのセミナーが多かったんだけども。


最近は、そうじゃなくて使える日本語を教えるには、とかそのポイントみたいな
セミナーの内容にシフトチェンジっぽい?

もともと、アタシもどちらかと言うと、如何にナチュラルで正確な日本語を話せるか
よりも、多少のミスには目をつぶり、言いたいことが言える、必要な情報を
聞き取れる耳の訓練、なんて方に重点を置いてきたんだけど。


でも、その頃はそういうのは主流じゃなくて......


そんなこと教えても、文法は?とか読み書きは?だったのよ。


今はまずはコミュニケーションってのがトレンドになりつつあるし。

今回のオ○ザ先生の講義も、コンテクストの理解とかね。
その言葉を言うための状況設定とかね、まあ、色々と為にもなり楽しくもありw


でさ......


日本語と全然関係ないんだけどねw

コミュニケーションが上手い人って、絶対にもてるしナンパ上手いな、と思ったわw
と、仲いい男友達を思い浮かべたんでした......
ま、彼の場合は女性とのコミュニケーションにのみ発揮されてる能力ですがw

惜しいよな~日本語教えたらきっといい先生になるだろうにwと、講義中に
思い浮かべたんでしたね。


最近のトレンドは、如何に使える日本語を教えるか、らしいけど。
それはもちろんヨーロッパの言語教育からの圧力なんだけども。←外圧に弱いからw
そしてそれによって、日本語は変わっていくというのが、平田先生、あ、教授の
考えでしたが、でも、そうやって変わっていくのはいいことだと、個人的には
思ってます←たまにはマジでw


そろそろ、ら抜きもオッケー、解禁にしようかなぁ、アタシも。

それにしても、半疑問に関しての平田教授のお話は、とっても納得でした。
だからアタシは権力握ってるオジサンが嫌いなの~なんて、また思いましたわw
因みにこの境界は40代半ば、前後、で、例として天野なんたら氏のエピなど
お話しておりましたがw

いやまあ、まさにその通り、って思います、中高年日本人男子は押並べて例外なし

ま、またこれはいつか......

世の中ってか日本、まだまだ男が威張ってるんだわね??
化石で保守的な日本男児に相通ずるものがある○イ○男だけども
言葉で救われてる部分あるかもなぁ......


良かったね、ドイツ語にはジェンダー差がなくて、ねえ?化石代表の配偶者さんw


さ~、アタシもこれから使える日本語を教えるために、ナンパの腕磨く
コミュニーケーション能力磨かないと~ヽ(゚∀゚*)ノ(エ?

※こんなこと(近い)聞きました。

インタビュー

対談

オマケ:もー端っこってホントイヤだよ(ーー;)

左からアタシ、平田教授2008_030308JP20032  2若い友達Kちゃん♪
関連記事
スポンサーサイト




ほう・・・私と同い年だ。
って、そういう反応してどうする~

文法って、そりゃ知っていたらいいとは思うけど、
突き詰めるようなものでもないし、
文法ができたって、語彙が少なかったら話は通じないし。
それより、いかに魅力的にしゃべれるか、伝えられるか、だなぁ。


などと言うと、maiさんのお仕事否定しちゃうみたいか(汗)
ここはひとつ、新しい語学の先生誕生ということで、maiさんの思うとおりにできたらいいのにな。
【2008/03/04 18:35】 URL | ゆうり #-[ 編集]
ゆうりさんv-111

あら~同い年w

この先生のワークショップはすごく面白かったよ。
演出家の視点って、語学教育にも相通ずるものがあるのねって
新たな発見でしたねーw

彼の舞台を見てみたいと思ったもの。

強調ってのなんだけど、日本語教科書とかお芝居だとですね。

「その竿立てて。」で、「その」や、「竿」「立てて」のどれかを
強調していうことによって、どれなのかを相手に知らしめる、
ってのが一般的なんだって。

でも、本当は日本人は、大抵......
「それ、そのその竿、その竿、立てて!」っていう風に
繰り返すことの方が多いらしいの。

なんてこともワークショップでしました、面白かった~♪

話せる、聞ける日本語教育、かしら目指すは(*^_^*)
【2008/03/05 04:47】 URL | mai #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 a Passing Fancy, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。