admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎度、最後の1週間はのんびり、なんて思っているのに。

思っているのに、何故か皆さん、ラストミニッツの如く、最後にデートを聞いてくる(-""-;)


しか~し、アタシはホントのデートを最後に入れて、Miles Awayな歌詞の如くなんですぅ。


もうっ!

ワインを選ぶ.....2008_042608JP20055.jpg恋と同じ?


そんな訳で、彼と恋愛観なんてことを話したこの間.....*:..。♡*゚¨゚


その時w未だ独身の彼のお兄さんの恋愛が何故成就しないのか?という深遠な(エ?
テーマをとある場所で←ラブホじゃないわよ(~_~;) だらだらと話していました。

彼曰く。

お兄さんは自分の様にハンターではないからなぁと。

でも、マメにメールも書くらしい、性格は一部似ているらしい、彼から見てとても
優しい出来る人らしい.....

なのに何故上手くいかないんだろう?って。


で、アタシの意見は.....

多分、お兄さんはメール長くてもポイントがずれてるんだろう。
このことに対してレスが欲しい、って言う場合でも女性は、色々と散りばめて書くから
その中から、「あ、これだなw」という取捨選択できる臭覚がないと、ねぇ?

と、わが配偶者を思い浮かべてのアタシの意見w

それから.....

男(または女)を選ぶのって、ワインと同じ、と思うアタシ。

まず、自分の好みの味(外見)であること。
じゃないと、それがどんなに上等のワインでも美味しいと思えない訳でw

次に、ラベルからの情報=見た目、である程度判断。
これはメール→初めてのデートあたり??

さらに、ワインはデゴスティーレンw、恋愛もなるべくお食事とかスキンシップ辺りでw
ティスティングなどしないと、失敗するかもじゃないw

いけそうなお味の場合は、グラスに注いで飲んでみます.....
人間も同じ、大人なんだし.....♥

ここまでで、かなり振り分けられてて、ここに至るワインは多々あれどw
人間の場合は非常に少ない。←アタシの場合ですけれど・・・・・・・( ̄  ̄)

そして.....

ワインが空気に馴染ませることでお味が変化するように、その後は相手次第で
美味しくもなれば、不味くもなる、と。


不味くなったら、調理ワインになっちゃったり、時にはどぼどぼと捨ててしまったり。

でも、美味しくてそればかり、なんてこともある訳ですね♪


ま、個人的には赤はフルボディのイタリアが好きです、ヘビーなの←飲めないくせにさw

そして、許されれば実は甘~~~い、白のデザートワイン、トカイとかね。
お食事には、ソービニヨン・ブランとかシャサーヌ・モンラッシェとか、好き( ̄▽ ̄*)


という訳で←え?


恋愛が成就しないのは、自分好みの美味しいワインを見つけてない、ってことかも~w

まね、中にはワインならなんでもいいとか、アルコールなら何でもいいとかw
そう言う人もおりましょうw

お兄さんにも早くぴったりのテイスティングしたい好みのワインが見つかるといいねぇ。(ン?


関連記事
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 a Passing Fancy, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。