admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、友達とバーゼルのBeyelerFandationでの
エロス展に行ってきた私。

当然ランチは外食。


いつもそこへ行く時は、大抵美術館の庭にある素敵なレストランで
ランチか、美術館のある村?町?でご飯っていうのが殆ど。


車の時は足を伸ばしてお隣のフランスとかへ行ったり。
(バイエラーファンデーションのあるRiehen(リーエン)は
 フランスの国境のすぐ側)


しかし昨日は町中の市の出る広場(Marktplatz)に
2時までに戻らないといけなかったもので、町中で食事。


レストランをブラブラと捜し、目に付いたイタ飯屋へ。
レストランの外見とは裏腹にランチメニューはすごく安い。
花市で買った花もここよりも安かったし.....
この花の所為で2時までに戻った訳ねwww
ここって我が町よりも物価安いの????


スープと、サラダと、スパゲッティで14.5sfrなり~。
これにお水をプラスで21sfr払いました。
チップは50rpだけ.....

何故か?!

ウェイトレスのおねーさんがBエクスプレス沿線の国の方で
とーっても感じ悪かったのね。
レストランは2:30で閉まるって言われたんだけども、
入った時間は1:40分よ?

なのに、物すごくイヤそーに、「2:30で閉まるんですけど?」
1時間近くあるじゃん.....
一体いつがオーダーストップなん???

その15分後、我々の隣に彼女と同国人が座りました。
彼らにはゴネてません、愛想もいい(ヲイ(-"-)

私達はエラク早く運ばれてくる食事をせかされるように食べてですね、
きっちり2:30に出ました、がチップは50rpと相成りましたww

何故チップを渡したかというと、食事が美味しかったから。

サラダのドレッシングも自家製だったし、スープもカレー味の
ポタージュで味も濃くなかったし、ちゃんとしたブイヨンの味。

スパゲッティはカサリンガ<謎でしたが、美味しかった。
カサリンガってミートソースに濃厚なクリーム混ぜたものだそう。
スパゲッティは太いものってのが本格的だそーです。
あれかな、残ったミートソース、煮詰まって味が濃いからちょっと
生クリームとスパイス加えるかって、そんな感じ?ww


カサリンガカサリンガ、写真忘れずに♪



これはトマトソース(ベーコン入り)にクリームを加えた感じ。
量がメチャ多い.....スパゲティも太い<正しいね(ーー;)
だけども、量が多いのに完食いたしましたことよww
夕食は入らず。サラダを少々.....
はー、まさか翌日も満腹とはねー(-_-)今朝朝食食べれず。

どんだけ生クリームとか脂肪分取ったかと思うとあな恐ろしやw

でも、また今度バーゼルに行ったら食べに行ってもいいかもね。
サービスは悪くても許せる、そんなお味とお値段でした~♪
関連記事
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 a Passing Fancy, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。