admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狭い邦人社会でそれなりにやっていくには色々と大変w

で、いつもの「戻ってきたよ~和菓子でお喋りしましょう~♪」ってのをいたしました。
でも今回は、気の置けないお友達メイン。

昔からの御大も呼んだけどね、彼女はどちらかというと....
う~ん、難しいけどアタシには楽な友達に入るかな。


義理堅い典型的日本人なんだけども、緊張はしないの。
ある程度彼女のルールを押さえておけばいい訳だから。
そのルールも想像が付くからね、やり易いと言えばいえる。


その他の面々も気楽な方ですね←難しい人のが多いのよ(T_T)

これにお汁粉も0015(5).jpg甘甘なメニューw


後はこれ♪0015(4).jpg「たこやん」お饅頭ですw




まあなんというか、彼女達ともまだしばらくは仲良くしておかないと
いけないし、きっと将来日本へ帰ってもそれなりのお付き合いは
続くんでしょう。←イヤとは言えないし(ヲイ


そんな面々、それぞれ仕事をアタシみたいにパート?でしてたり
なんだけど(あ、一人専業主婦だ。)皆さん、年に1回~3回は
日本へ帰ってるんですね。

それで、今回のお喋りは、帰りたてのアタシともう一人。
それから去年11月に帰っていた一人と毎夏に帰る二人で盛り
上がったのが、日本人の接客される側のぞんざいで横柄で
タカビーで上から目線の口のきき方。

きっと日本に住んでいると気がつかないんであろうなぁと。
だけども、特に関西圏の二人が言う訳です。
ど~して、「です、ます」で話さないんだろ??って言うのね。
「ありがとう。」も言わないよねと。
「Bitteも言わないしね~。」←それは言わない、と突っ込まれた友(爆w、まあ確かにね。
でも、接客する人=店員さんとかに、ぞんざいに「お願いね。」「お願いできる?」とは言っても
「お願いします。」はあまり聞かないかも、って気もしたり←これ不明

関東の友達はアタシの同業者でして、やっぱり彼女も同じことを
思うみたい.....

我々の結論は、ストレスのはけ口ってことなんだろうね、と。

そういう弱い立場の人に、言ってみればあたる訳よね、だって
彼らは反論できないからね~ということになったのでした。

翻ってここの店員にそんな口のきき方しようもんなら、
アタシ達なんかガイジンだし、すごい勢いで文句言われるなと。

ま、実際そうであろう・・・・・・・( ̄  ̄) ←多分w


たまにしか日本へ帰らないと、やっぱり色々と目にもつき、気にもなる特に言葉使いのあれこれ。


そういう国へ帰ろうというアタシなんだけど。
友に心配されちゃいました.....( 一一)


「ちょっとさ、maiってばやってける訳、日本で~w」
「日本人として生きることは無理だよ~www」
「英語も読めないとかまた言われたりしてね~ハハハ」


(´・ω・`)アタシ一応日本人ですけど?


ま~ね、そら確かに過去に色々とありましたけどねw「Shine」をシーネなんて読んで、息子に意味を聞き「.....」「ドイツ語にはShで始まる単語はない、それは英語だろ~(-"-)」と言われたのはアタシです、ええ。でも老後別にドイツ語を仕事に生きる訳じゃなし、英語なんて使わないんだしいいじゃん(・へ・)
関連記事
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 a Passing Fancy, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。