admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついにやってきました「授受表現」。←「くれる」はまだだけどね。
ここで「くれる」も導入したら生徒は混乱の極み通り越して多分日本語投げると思うよ...(ノ_-;)


アタシはね、これを教えるのが大の苦手なんです~。
理由はもちろん、アタシのドイツ語が怪すぃからに決まってます。

こういうの教えると決まって聞かれるのが.....

「パッシブ(Passiv=受け身)なのか?」
「ダティブ(Dativ=三格)なのか?」

だ~か~ら~、アタシはその辺の文法があやふやで、よって
きちんと説明できないのっ(マテッ←開き直っていいもんか(ン?

今回のセミナーのguidebook.jpg先生で~す♪


っていうかですね。

日本語にはないんだよ、そのDativとかいうのはっヾ(`◇´)ノ
ま、Dativだけじゃなく他の格もないんだけど、これが個人的に一番分からん(・へ・)
受け身だって、ちょっと違うし.....

ここできちんと把握しておかないと更に上級の使役受け身なんて
どうするよ?ってことなのよ。

その前の「くれる」だって困るしぃ。
しかし使ってる教科書のこの動詞の提出の仕方もなぁ、ってことでアタシは「くれる」ってのもあるよ、とほのめかしておくんだけどねぇ...そうするとうるさく知りたがる輩も出るんです(涙

なのに、やっぱりね・・・( ̄  ̄;)

生徒混乱の極み。

そうやって一々ドイツ語にするから訳わかんなくなるのに~。

というわけで、来週までのアタシの宿題だわ。
いかに分かりやすく理解してもらうか、どうやって教えるか。

あ~~~~面倒くさいぞ(爆w


あ、そうだセミナーで先生に聞こう。
この先生ならきっとすっきりと分かりやすい説明を
してくれるんじゃないかしら?←なんて他力本願(ヲイ


っていうかさぁ。

教えた「あげます」と「もらいます」をその通り使えるようになれば
まずはオケーなんだから、そこで色んな込み入ったことを言わない、
それに尽きるんだけどなぁ...←聞いてくれるなと(爆w

「今行きます。」と「Ich komme.」も使える様になるのは大変だけど
「ツマにもらいました。」「先生に借りました。」「先生に貸しました。」
こういうの教えるのは(っていうかどれもこれも)嫌い.....
ついでに言えば「ツマにあげました。」も使い方によっては実はカチンと来るアタシ、ええ個人的な感情も入ってますがwよく目にする「ツマに花を買ってあげました。」みたいなのは頂けないと思ってるんですよ。フツーは「ツマに花を買いました。」でいいじゃんかと。「あげます」って難しい、見下してんの?っていうか奥が深いというか。言葉のニュアンスまで教えたいアタシとしてはこういう文法第一で説明するのがとても苦手なの。

だって自分のドイツ語のあやふやさを見せつけられてる気がする
っていうか、見せつけられてるんだもん.....((○| ̄|_

は~~も~ヤダ(T▽T)


そもそも、最近は「やる」を使わないからね、なんでも「あげる」で済ますのってどうよ?と思うわけ。その最たるものが「ツマに~してあげました。」そういう言い方がヘン、エラソーって思えない男が多い気がします、ええ。そうするとアタシとしては「んなん、して貰わなくて結構ヾ(`◇´)ノ」と思えるの。でもそういう気になりません?ってことで、教える時にここまで言うから.....尚のこと生徒混乱.....( ̄  ̄;) でも、そのニュアンスだけは外せないんですぅ。例が「ツマ」なのはあるところでこの表現を使う人を目にするからw

この記事がアップされる頃はセミナー真っ最中、きっと先生に取りいってるな~、今後の為にビタミンBだわっ!ナゾ(・・?www
関連記事
スポンサーサイト




楽しいブログですね。ロッテンマイヤーです。私のブログにコメントをありがとうございました。お隣の国にお住まいなんですね。仕事で時々お邪魔します。日本語の先生をされているのですか?語学のプロでいらっしゃる(!)
日本に帰国をご計画中ですか?私も老後は絶対日本と決めているので、あと何年で帰ろうか、と考え中。でも仕事がこちらにいたほうが都合がいいので、しばらくは日本に年に何度も帰ることで我慢しようと思っています。
【2009/03/29 18:58】 URL | rottenmeier #U.s4t4DY[ 編集]
ロッテンマイヤーさんv-111

早速コメありがとうございます~^^☆
語学のプロだなんておこがましい、日本語のプロでもないし、も~なんちゃって日本語教師だから、大きな声では言えません、ホントに・・・( ̄  ̄)

このブログは主にアタシの仕事や配偶者の色々な愚痴で構成されてるんですもん((○| ̄|_

アタシも老後は日本、後何年で帰ろうかと考え中です..そして年に2度帰ることで目下は我慢、似てますね♪

仰るように仕事に関しては、アタシもこっちの方が有利、なので今は日本にもビタミンBを!!とあがいてます・・・( ̄  ̄;)

今度○イ○へいらっしゃる時は是非声かけて下さい~wお茶でもしましょう♪←場所によるけどw

【2009/03/30 06:45】 URL | mai #-[ 編集]
そやなぁ。
「あげる」は「してあげる」のニュアンスがあるから、かちんときちゃうときある。
かといって「ツマに〇〇してやった」と言われたら、「別にしてほしくない」と、これまたかちんと・・・
ああ、言葉って難しい~
【2009/04/01 17:24】 URL | ゆうり #-[ 編集]
ゆうりさんv-111

ここはもうフツーに「~しました。」でいいと思うのよね。
「妻と食事に行ってあげました」って言わないでしょ?
だから普通に言えばいいのよ、と思います。

尊敬する相手には「~あげる」って使えないと思いません?「あげる」って相手に恩恵を与える行為だからね~、こうなんていうか恩着せがましくなると思うんです、だからアタシはイヤなんだと思う。
【2009/04/02 05:19】 URL | mai #-[ 編集]
それだ、それっ。
「~してあげたんだからな」というニュアンス。
とくに私はだんなからそれを感じる(涙)
【2009/04/02 16:57】 URL | ゆうり #-[ 編集]
ゆうりさんv-111

そもそも世の男性は、妻を養ってやってる感が非常に強いと思うのよ~(-"-)
だから、こういう言葉使いに(無意識化もだけど)なるんだと思う.....
ウチの配偶者もまあ似た様な←全て語らなくとも?(爆w
【2009/04/03 17:03】 URL | mai #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 a Passing Fancy, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。