admin
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回のス○ス滞在は事務的な手続きのために来てる訳で、まああまり面白い滞在じゃないのは事実。でも、もっと愕然としたのは、自分がこの先ここに住むことはない(多分)となったら、なんていうか心のバリア、結界が無効になりもうここには住めないなと醒めた気持で思ったこと。
気候や言葉や食事、特に冬のこの寒くて暗いお天気、それから命令されてる様に聞こえるス○スドイツ語、この三つは特に(- -;)


着いた日に列車の事故で空港駅がハチャメチャだったってのもあるけど、いや〜、なんていうか...何でもかんでも枕詞の様に「申し訳ありません」連発の日本もどうかと思うけど。


乗客の質問に「知りませんよ、そんなこと(-"-)」と怒鳴る様にいう駅員もどうかと。だってアタシの聞いたことは「すみません、遅れてるのか発車時刻が合ってないんですけど次のチューリッヒ行きは何番ホームで何時でしょうか?」だよ。


それも最上級の丁寧語で聞いたのに。
ええ、凹みましたとも...アタシ怒鳴られる様なこと聞いた?ってちょっと辛かった。それまで何度もホームと地上を行き来させられたのだって駅員の多分あっち的ないい加減な返事に従ったからなのに。


で、思ったの。

ス○スドイツ語ってあのマイ....レディみたいだなって。


もちろんス○ス人の話すドイツ語が彼女の話す英語ですね。
それを聞いて顔をしかめるのがドイツ人やガイジンでドイツ語を習った人。あの話しでは、上流階級の話すきれいな英語に直すってのがサブストーリーで、メインはイライザとヒギンズ教授のラブストーリー。

でも、どんなに磨けば光る美人でも、言葉が下品じゃ・・・( ̄  ̄;)ってことでしょ?それ、まんまス○ス人に当てはまるなと。もちろん下品なドイツ語じゃないけど洗練されてないのは確か。
だからス○ス人、標準ドイツ語よりも英語話したがるのかしら?やっぱコンプレックスじゃん(爆w

日本でも関西弁ですらアナウンサーや俳優は直されるじゃない。


だけど、ス○スではそれは殆どない。

聞くに耐えないと思ってるのはドイツ人くらいだから?
もちろん自国の母語だしプライドあるよね。
でも、ガイジンには本当に理解出来ないのよ、地域によってかなり違うから、ガイジンがそれぞれ全てのス○スドイツ語を理解するのは至難の業。

それだけじゃ、読み書きは出来ないからコミュニティにはとけ込めても一人前の大人の社会人として見てもらえないわけで。

そんなことを考えてて思ったのは、きっとこのヘプバーンの出世作はス○スじゃあまり快く受け入れられないんじゃない?ってこと。

あ、もしかしたら彼らはそんなこと思わないのかもな。

そんな風にス○スドイツ語とイライザの下品な英語を重ねないのかもね、っていうか重ねないだろうねぇ...そこがな〜KY?(コラッ


もしかしたら、オードリーのこの映画ス○スではそんなに人気ないかもねと思ったんでした・・・( ̄  ̄;)


でもオードリー、晩年はス○スだったのよねぇ、仏語圏だけど(オイ


コミュニケーションはやっぱり始めに言葉ありき。


ス○スに住むにはス○スドイツ語、ダウングレードしてもってことなのね(- -)

21943view009.jpg


この映画の中でイライザが笑顔でにこやかに外国人に英語で相手に悪口いう様なシーンがあったと思うけど...どんなに悪口雑言でも嬉しそうに幸せそうに言えば相手には伝わらないんだなって、大昔見た時に思って、それが未だにこうして蘇るシーンの一つなアタシ。もし、この映画をス○ス人と一緒に見て、イライザってス○ス人のス○スドイツ語でヒギンズ教授がドイツ語矯正してるって見方もできるね〜なんて感想を言おうもんなら...そのス○ス人友達なくしますね、ええ( ̄  ̄)はぁ??ガイジンのアンタに何が分かるの?って100%反論されるであろう(爆w

今日実家、明日セントレアからあり難いお言葉を聞きにスイスへ戻ります。犬連れです、実家に連れてくんだけどね、すんごい気が引けるのよ...まあでも、少しホッとしてる自分もおります(- -;)
いつかミナを連れて3ヶ月くらいス○スへ行ってみたい気もないことはない( ̄  ̄)


アタシにとって運命の3月4日、記念日だな(爆w


今回はス○スで着た切り雀ってことで、スーツケースの半分はお土産の日本食←アタシも食べるんで持ってくのだけどさ。お米なんかも自分の食い扶持だけ持ってくのさ(- -)
もっともフィンエアはルフトや他の欧州航空会社と違ってスーツケース一個なので、ある意味楽←2個だと2個目一杯持って行きたい貧乏性(爆w


にしても、今回はなんだか忘れ物があるようですごく不安。


そんな時は...


ええ、パスポートとEチケットとお金。


これだけをチェック。だって地の果てに行く訳じゃなし、忘れた物があっても行った先で買えばすむもんね。ってことで荷物を出して、明日は犬と自分の荷物持って名古屋へ行きます。


大人しくしてくれてるといいんだけどね(- -;)
先生から貰いましたよ、また。例のダウナー(オイ飲ませて少し新幹線で寝てくれると助かるんだけどねぇ...


ってことで、雨らしいからタクシーで駅まで。
名古屋は雨が上がってると見た。


掃除もした、内覧はいつでも見て、ルン(。≖‿≖ฺ)…。*♪状態にした。
(カギもちゃんと渡してきたしね。)
一応忘れ物はない、はず( ̄  ̄)


ス○ス着いたら3月1日はお友達に会う予定。
その後は出廷だけの予定...
ブログ書こうっと(爆w


では、行ってきます〜♪

大吉
初詣で姉妹揃って引いた大吉。そろそろ?

TV見てたら、こんなこと言ってました。「同じことでも相手が自分を大事にしてくれてると思って相手の行動を見るか、相手が自分を大事にしてくれてないと思って相手の行動を見るかで180度変わってくる。」まさにその通り、とは言えね〜( ̄  ̄)もう一つ言ってました。「あなたは何も愛情表現してくれない(-"-)」というツマの言葉に「じゃあ、君の愛情表現はなんなんだ?と聞いたら『毎日料理作ってるじゃないの(-"-)』料理は立派な愛情表現なんですね〜。」って言ってましたがね。それが理解出来ない男もいるし←誰とは言いませんが(爆w やっぱり一番の離婚の原因は価値観の違いって、真実ですね。

来週ちょっとス○スへ戻ります。
滞在わずか8日間実質6日間。

なんていうか、例え地の果てにいても裁判所に来いってことね。
フツーの離婚ですよ、法律で調停離婚しかない国はこんなにややこしいんだね。何も争ってないのに、一体どんな裁判官のお言葉を聞くために遥か日本からアタシは出廷しないといけないのか?

ある意味興味津々・・・( ̄  ̄;)

でもこっちにも色々と予定があるわけで、大変。

IMG_5625.jpg

友達ってなんだろう?と思うこの頃。

気軽に誘ってランチやお茶、あるいは仕事の後飲みに行って、色々な話しをして...そこには愚痴あり、相談あり、恋バナありで、あるいはアタシの年齢だと親の介護や孫の話しも?

でも、中々声をかけにくいのが日本人なのかしら?
誰かと会ってそんな話しをするよりも一人で町へ出て過ごすのが普通なのかな。

意外に自分は寂しがり屋というか、孤独が苦手なんだと一人暮らしを始めて気付いた次第。一人暮らしでも、毎日外で仕事をしていれば多分孤独じゃないかも、というのはちょっと違うんだろうな。だけど仕事してれば一人になりたくなるかもね。

IMG_5441.jpg

世間では退職したら、って首を長くしてる人が多いと思うんだけど...意外に退屈なんじゃなかろうか?と思うこの頃(- -) 生涯現役がいいんじゃないか?と近未来を思い描きつつ日々を送っております(爆w
今のアタシってまるで15年後の年金暮らしのシミュレーションしてるみたいなもんで(オイ


で、もしス○スで専業主婦だったら、今と同じだから退屈であったろうなと。


何もサラリーマンがいいとは言いませんが...
何か仕事をしていた方が老後は絶対に楽しいだろうなと。


毎日働かなくても年金も入る訳だし、週に2〜3回程度の趣味の延長みたいな仕事ができて、お金も稼げたらそれが一番なんじゃないかしら、ねぇ←いい加減にしろ?(爆wいいの、だって暮らすために必死なることないんだもん(オイ


でもね、絶対に退屈だと思うよ、退職して家にいるのって。
ましてやダンナとと二人きりなんて...
そら、体力的に無理がきかないとは思うけど、60代ならまだまだ平気でしょ?昨今TV見てると、若く見えることをとても重要視してる風だけど、ってか昔から日本人は「お若いですね〜♪」とか「若く見えますね!」が褒め言葉だと思ってるみたいだけど、見た目よりも中身よねって思うアタシ。


いくら若く見えてもさ。

話すことが年寄りくさい人多い気がするし。

2013hon.jpg

この本の女医さん、確かに若く見えるんだけど...
ものぐさなアタシには無理だなと。
アタシはとにかくあれこれと手間ひまかけるのはダメだわと、見ていて思いました。まあ、一回くらいはヒアルロン注射してみたいとも思ったけど(爆w

なんか前にも書いた気がするけれど、若く見られても20歳の子にはかなわないじゃない、肌とか体力とかね。だったら年を経て熟成しそこらの人の手の届かない様なワインみたいなマダムになりたい、かなと。


そういう点では、日本に住んでると良いお手本、ロールモデルがいなくてかなり厳しいかもしれない。その点はやっぱりヨーロッパかしら...

うん、目指すはゴージャスなマダムってことで、息子達に会いにちょくちょくス○スへ里帰ろうじゃないの!ス○スも腐ってもヨーロッパだもんね(コラッ


ぶっちゃけス○スにはゴージャスマダムは少ないんだけど、大人の女性は多い気がするし、足のばして隣へ行けば、そこはおフランスとイタリアで。そこへ行けば貫禄十分なマダムの方がもてはやされてるし。日本人のマダムのイメージってカノウ姉妹だったりするんじゃ??申し訳ないけれど、マダムはデビさんでもカノウさんでもありませぬ。近いかもしれなけれど全然違う、例えばドヌーブとかジョディ・フォスターとか、メルケルさんとか。ちょっと日本のTVの若い子礼賛には今に始まった訳じゃないけどウンザリしておりまする・・・( ̄  ̄;)若くて可愛い女子は確かにダントツで多いけど、年食ったいい女は皆無に近い日本。なんでかなぁ(。-_-。)

ス○スから戻って風邪引いたり、ノロやったり、寝違えたりのことは前記事にも書いたけど、その後はかばかしく回復してなくて実は何かする気力ゼロな、言ってみれば半ばウツ状態。


もちろんそれは全てがScheidung絡みなんだってのはよく分かってる。


そういうプレッシャーに、こんなに弱いとは思ってもいなかったんだけど、ひょっとしたらこれはかなりのストレスなのかもしれないな〜と思うこの頃。


あとどのくらい掛かるんだろう・・・( ̄  ̄;)


IMG_5406.jpg
京都行きの新幹線の車窓から、米原辺りかな。後何回通うことになるんだろ?


2012年は10年後に振り返ると一体どんな思いを抱くんだろう?

色々なことがあり、本当によくへこたれなかったな自分と思いました。


12月9日から始まった2012年の〆のデザートは、メインディッシュよりもヘビーという、ど〜んと胃にもたれるものでしたから、年末年始はノックアウトされておりました(- -;)

人間、何事も腹八分目ってことなんだなと...
何もかも詰め込んじゃいかんのよねと。
でも、限られた時間でケリをつけるには詰め込まざる得なくて食べ過ぎ、そんな状態で年末年始を過ごしました。

IMG_5389.jpg
なんと初詣で引いたおみくじは妹共々大吉〜♪今年こそは大吉な一年にしたいもんです(^^)



いよいよ、明日帰るという前日の今日はクリスマス。
最後ってことでお義母さんちでのランチ。
果たして配偶者は伝えてあるのかないのか??
今年はいつもより4人少ない、っていうかね。孫のパートナーは、親のところへ行ってもいいんじゃないの?結婚してるわけでなし...

息子達だって、いつもいつも親の家じゃなくてもいいじゃん。

と、最後だというに複雑な心境でありました(- -;)


image 12
ミナちゃんに会えるのがとっても楽しみ♪妹のお犬さまレポートがなかったら淋しくて淋しくて泣いてたかも(爆w

今回のス○ス滞在、最優先事項はとにかく先に進めること、できれば終わらせてくることだったんだけど、なにせ滞在期間は2週間と2日。そして皆さん浮かれるクリスマス前...

でも、仕方ないやるしかない!ってのは大ウソで実に気が重くて←配偶者が殆ど何もしていなかったので、到着して2日間は無気力で投げ出したい気分でした。

そこへタイミングよく( ̄∇ ̄)フランクフルトのお友達からSkypeがっ!!!


思い切りハッパかけられ、叱咤激励されて重い腰を上げた次第。

そして...

IMG_5351.jpg
これ、朝7時半過ぎ。今の自分の状況に重ねてみたり..冬至も過ぎた、後は春を待つのみ(。・・。)

う〜ん、体が重い...3月から3kgも増えていて実際重いw
そして、なんだか疲れがど〜んと溜まっていてなんだか重い。
ストレスで気分的に、とっても重い。

着いた日は懐かしくもあり、不思議な感覚だったんだけど...
その感覚は数日で消え、やっぱり日本で暮らしたいと改めて思うに至りました、ハイ。ガイジンのアタシには( ̄Д ̄;) (エ?! 日本は色んな意味で暮らしにくいんだけども、楽しい。
その楽しみは実にカラフル、千差万別。

それに引き換えここは...
質素倹約を旨とし、贅沢は敵、じゃなくてするヤツはバカみたいな(- -)
ローンを組んでブランドバッグ、分不相応な車、果ては持ち家。そんなことしてまで買うなよ、ってね。まあ一理あるけど←ブランドバッグやアクセ、時計なんてのはね(- -)

IMG_5306.jpg



Prev | HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 a Passing Fancy, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。